日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

環境事業将来ビジョンに係わる調査報告書

 事業名 運輸交通における地球環境問題に関する調査研究
 団体名 交通エコロジー・モビリティ財団 注目度注目度5


2) 「エコ交通社会」の実現という視点から見た財団の役割

 

1) 当財団の事業に対する示唆わが国の各省庁、国の研究機関、自治体、関連団体の動向、また海外の関連機関の動向等から、財団の事業として検討する対象となるテーマを抽出した(各々の機関の動向については、付属資料を参照)。

1] 国の各省庁の運輸・交通分野における取り組みの方向性から見て、当財団の環境事業も以下のような範囲において、財団のポテンシャル(潜在力)等を踏まえて検討する必要がある。

・自動車等の単体の使用についての省エネやクリーン化

・ハード的なインフラや情報等のシステムの整備

・モーダルシフトや生活スタイル見直し等のソフト的な施策

・モデル事業等による地域とのつながり強化

・国際協力の推進

・運輸・交通分野における環境計測や環境影響評価

・基礎的なデータベース整備や調査

2] 地方自治体における取り組みをふまえると、以下のような事業を当財団も検討する必要がある。

・低公害車の導入、普及支援

・運輸交通関連の環境計測、環境影響評価支援

・エコドライブ、アイドリングストップ、ノーカーデー等の支援、波及効果検討

・自動車公害防止計画、排ガス削減手法の検討支援

3] 国内の関連団体は様々な活動を行っているが、以下のような事業は当財団においても可能性を検討する必要がある。

・駐輪場整備支援

・人間の健康への影響等を含む運輸交通関連の環境影響評価、そのための手法、指標の検討

・運輸交通分野の環境問題に特化した途上国への技術移転

・高齢化、環境問題の双方を念頭においた運輸交通ビジョン作り、政策立案

4] 海外の先進的な関連団体の動向から、当財団においても以下のような事業を検討することは有効と考えられる。

・公共交通の普及のシナリオ構築、関連予測、ビジョン作成

・公共交通、自転車、徒歩を促進するためのインセンティブ、広告宣伝方法等の検討

・運輸交通分野における環境関連技術のアセスメント、予測

・海外諸団体とのネットワーク構築

・エコツーリズム関連の事業

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,458位
(34,938成果物中)

成果物アクセス数
7,321

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年8月13日

関連する他の成果物

1.新海上交通システムの調査研究報告書
2.エコ交通に関する調査研究報告書
3.短時間のアイドリングストップの有効性実測報告書
4.一般商船による北太平洋の温室効果ガスの観測報告書(2)
5.鉄道車両内への自転車持ち込みに関するモデル事業調査報告書
6.先進的な環境対策活動モデル事業報告書
7.「エコドライブのすすめ」リーフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から