日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

アジア・西太平洋研究ネットワーク 研修テキスト

 事業名 アジア・西太平洋海洋研究ネットワークの構築
 団体名 海洋研究開発機構 注目度注目度5


アジア・西太平洋研究ネットワーク 研修テキスト

認可法人 海洋科学技術センター

平成12年度

mokuji-1.gif

 

目    次

アジア・西太平洋海洋研究ネットワーク 研修スケジュール

 

第1週

・国際海洋機関と国際協力の現状

Desirable International Cooperation Among Pacific Countries

Introduction

Future Ocean Sciences

International Cooperation

Case Studies

Conclusion

QUALITY ASSESSMENT POLICY

 

第2週

・海と気候変動

Ocean Observation for Understanding Earth Environment Change

地球規模の海水の動き

What we observe

Research Themes

Research Tools (1)

Research Tools (2)

Seas occupied by RV Mirai (1998-2000)

Theme (1) Tropical Ocean and Air-sea Interaction

Theme (2) Mid-latitude Circulation

Theme (3) Arctic Ocean Circulation/Sea Ice & Climate

Theme (4) Oceanic Carbon Cycle and Global Warming

Prospect

 

・海洋変動と漁業(増養殖) 瀬戸内海区水研 海洋環境部長 井関氏

Influence of Ocean Variability on Coastal Marine Ecosystem and Aquaculture

図6 三宅島の湧昇海域と非湧昇海域におけるテングサ収穫生産量の比較〜図4・4 人工湧昇流構造物設置前(1987年)と設置後(1989年)のリン酸塩とクロロフィルaの分布の変化

図4・2 人工湧昇流発生構造物設置海域と観測点〜Fig. Masflex Sendiment trap mooring strategy and the relevant studies.

Nutrient Cycling

SUMMARY

Menu

科学技術振興調整費総合研究課題 縁辺海における物質循環機構の解明に関する国際共同研究

 

・海洋変動と漁業(外洋)

Ocean Variability and Fisheries

Distribution of tuna species〜BIGEYE TUNA

図5 1983年3、4月期及び5、6月期のメバチの釣獲率と100m深水温分布〜Archival Tag Experiment for Bluefin Tuna

 

・海洋変動と漁業(沿岸) 水産庁研究指導課 研究管理官 和田氏

Figure 11.〜Schema of Positive Feedback Hypothesis under Climate Change for Japanese Sardine

Conclusions〜Trends in deflated prices of fish meal and soya bean meal, and quantity of fish destined for reduction

Mechanism of Population Fluctuation〜Figure 2. Top ten species in the 1992 world catch.

 

第3週

・CTD、XBT、XCTD

CTD, XBT and XCTD observations

 

・ARGO計画

About Argo Programme

An Example of obtained data〜フロート浮上率

【センサーの精度向上のための性能評価】〜【フロート展開最適化研究】

 

・ARGOデータ

ARGO data

 

・海上気象測器

Meteorological Observation

R/V "Mirai"〜Upward Radiation

Wind Speed, Wind Direction〜Radiosonde

How to launch balloons

 

・PNGの津波調査

SOS (Sissano Offshore Survey) Programme

Seismicity based on the ISC Catalogue (1964-1991)

Dive Tracks off Sissano Lagoon

 

・トライトンブイシステム

TRITON: Ocean and atmosphere observing buoy system

This paper be the proceeding of TYKKI meeting held in December 1998 Tokyo.

Table 1. TRITON Sensor list〜Figure 7. Realtime temperature and data

ブイシステム構成図(低緯度用実機)

海洋観測ブイ係留索接続要領4/4(低緯度実機用)

 

第4週

・熱帯大気観測ネットワーク

Widiyatani et al.〜Protable Atmospheric Sounding System

KU EAR LAPAN〜Sumatera Barat

 

・西太平洋・インド洋における大気海洋相互作用

Tropical Convection over Western Pacific

HIERARCHY OF INTRASEASONAL VARIATIONS〜Definition of low-level cloud

Tropical Convection over Western Pacific

 

・熱帯気候と降雨量予想

Agenda PALAO 2000 (Pacific Long-term Atmospheric Observation project in 2000)

Temperature Profile〜運営委員会

RADIOMETRICS MICROWAVE WATER VAPOR RADIOMETER

 

・海洋数値モデル

 

・深海地殻研究、OD21

Scientific Opportunities

環太平洋地図〜Subduction Factory

Schematic Drawing of the Drilling Vessel〜LARGE IGENEOUS PROVINCES

 

第6週

・気象センサー較正

・CTセンサー較正

 

・ブイデータ解析ソフトによる図化

 

・ブイの人為的損壊の現状

 

・ブイに関する国際的ネットワークの必要性

 

第7週

・波力発電、高圧実験水槽

The Offshore Floating Type Wave Power Device "Mighty Whale" and Its Multi-Purpose Utilization

ABSTRACT

1. INTRODUCTION

2. Outline of the prototype of Mighty Whale

3. Multi-Purpose Utilization

4. Conclusion

References

 

第8週

・ARGOフォーラム資料(参考)

ARGO data - Demonstration to access ARGO data -

DRAFT

Introduction

Background

Objectives

Summary

 

 

 

 

成果物の著作権に関するご注意

 

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,393位
(29,137成果物中)

成果物アクセス数
6,037

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年9月23日

関連する他の成果物

1.神戸港を起点とする海上観光航路の開発に関する研究
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から