日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

アジア・西太平洋研究ネットワーク 研修テキスト

 事業名 アジア・西太平洋海洋研究ネットワークの構築
 団体名 海洋研究開発機構 注目度注目度5


・熱帯気候と降雨量予想

 

263-1.gif

 

Agenda

Feb. 6, 2001 at JAMSTEC

R. Shirooka (FORSGC)

 

PALAO 2000 (Pacific Long-term Atmospheric Observation project in 2000)

 

・Introduction

 

・ARM Project (Videotape) http://www.arm.gov/

 

・FORSGC Projects

Our web page http://www.jamstec.go.jp/forsgc/

Background

Sea level change http://uhslc.soest.hawaii.edu/

OLR change http://www.cdc.noaa.gov/

Our Observations on Palau and Guam

AWS (http://www.arm.gov/docs/instruments.html)

GPS http://www.paroscientific.com/gpsmet.htm

Aerosonde http://www.aerosonde.com/

TSI

Ceilometer (http://www.arm.gov/docs/instruments.html)

Airplane http://www.crl.go.jp/ka/earth/SPIDER-e.html

Weather radar

Spacebone radar (TRMM) http://www.eorc.nasda.go.jp/TRMM/

 

・International cooperation

Palau Community College

Palau International Coral Reef Center http://www.picrc.org/

Peleliu State Government

Weather Survice Office in Koror

 

Opening ceremony on Peleliu Island

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,393位
(29,137成果物中)

成果物アクセス数
6,037

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年9月23日

関連する他の成果物

1.神戸港を起点とする海上観光航路の開発に関する研究
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から