日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

通信講習用 船舶電気装備技術講座[装備艤装工事編](レーダー)

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


(e) 導波管に準じる電線路、レーダー用信号ケーブル、電源用電線及びこれらの貫通金物、支持金物等にさび止めのペイントが塗布されるなど、接続状態に異常がないこと。

(2) 導波管を開放する場合、一方の導波管を固定したままで他方の導波管だけを移動して導波管の接続や取り外しを行うと、接合面を傷付けて防水効果を低下させることがある。このため、必ず両方の導波管を同時に動かしてOリングを傷付けないように注意して作業すること。(図3・6参照)

フランジの接続面には、必ず新品の適合規格品のOリングを使用すること。

Oリングは傷つきやすいので、チョークフランジの溝に、ねじれやはみ出しのないように注意して入れる。取付けの要領は、溝にOリングを入れて一部分をつまんで内側に軽くねじりながらはめ込むとよいが、はめ込まれた状態ではねじれていてはいけない。

フランジの接続は、ステンレス製のねじとスプリングワッシャを用いて、両方のフランジが完全に密着するまで締め付ける。

接続面の防水のため、フランジの合せ部分の全周と、締付けねじの周囲にコーキング材を塗るとよい。

(3) 導波管や同軸管の空中線部への接続面及び支持固定部分に、破損、亀裂、腐食、緩み等はないか。

空中線部への接続部分に導波管や同軸ケーブルの重量が加わると、空中線部の接続面が破損するおそれがある。このため、導波管や同軸ケーブルは、これらに無理がかからないようにしながら確実に固定する必要がある。

導波管の固定や指示に金具(金属製のもの)を使用する場合には、電食防止のために亜鉛テープを巻くか、又は合成樹脂製のものを使用し、かつ、金具の締付けにより導波管がつぶれないように注意すること。締付けねじは、さび止めのためステンレス製のものを使用した方がよい。

(4) 導波管の内部への浸水により、感度の低下があると判断されるときには内部点検を行い、修復後は必ず気密試験を行って確認すること。

気密試験の要領は、前4・4・1項の〔注〕と同じなのでこれを参照されたい。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
748位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
13,111

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備概論編](初級)
2.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気機器編](初級)
3.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気工学の基礎編](初級)
4.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気計算編](中級)
5.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備技術基準編](中級)
6.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気艤装設計編](中級)
7.通信講習用 船舶電気装備技術講座[試験検査編](中級)
8.通信講習用 船舶電気装備技術講座[基礎理論編](レーダー)
9.通信講習用 船舶電気装備技術講座[機器保守整備編](レーダー)
10.船舶電気装備技術講座[基礎理論編](GMDSS)
11.船舶電気装備技術講座[艤装工事及び保守整備編](GMDSS)
12.船舶電気装備資格者名簿
13.船舶設備関係法令及び規則[資格更新研修テキスト(強電用)]
14.船舶設備関係法令及び規則[資格更新研修テキスト(弱電用)]
15.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気艤装工事編](初級)
16.船舶電気装備技術講座[法規編](GMDSS)
17.医療機器整備に関する概要
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から