日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

通信講習用 船舶電気装備技術講座[装備艤装工事編](レーダー)

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


4・5 送受信部の点検整備

新設時および定期の点検整備要領

主として送受信機の変調部と高圧部を中心に、次の項目の点検整備を行う。

(1) 各ユニットの汚れは乾いた布で清掃する。特に通風口やフィルタは綿ごみ等で目詰まりを起こしやすいので、電気掃除器で吸い取るかあるいは吹き飛ばしながら柔らかい布や羽毛、筆等で清掃する。

端子板や部品密度の高い部分および高圧部のごみも入念に取り除き、汚れているところは四塩化炭素やアルコールでぬぐう。

(2) 高圧部の配線の被覆に破れや焼け焦げはないか。

(3) 送受信部のパルス幅切替え用などのリレー接点に汚損や焼損その他の異常がないか。

(4) ファンモータの取付けや、ねじに緩みなどはないか。

(5) 立体回路の取付けや、ねじに緩みなどはないか。

(6) チェックメータの指示値を常に観測し、異常の発見に留意すること。

(7) マグトロンとTR管は通常1,000〜2,000時間、ART管は通常2,000〜3,000時間を使用期間の目安として、早めに交換することが望ましい。

マグネトロンは強力な磁石が付いているので、帯磁を嫌う腕時計や金属、航海計器などを近づけないように注意すること。永久磁石付きのマグネトロンは外部へ磁力線が漏れていることが多いので、電気計器や航海計器から5〜100mm(小形マグネトロン)又は300mm(大形マグネトロン)以上離して、かつ落下させないように確実に保持し、保管すること。

マグネトロンの取付け、取り外しにはステンレス製のスパナとドライバを使用し、取付ねじも、しんちゅう製のものを使用すること。

マグネトロンを交換して、初めて動作させるときには、30分間ぐらい予熱をしてから使用するようにしないと、カソードが破損して寿命が短くなる。

使用時間の積算時間計が付属している機器では、マグネトロンを交換したときに時間計の指示値を、積算計がない場合は交換年月日をレーダー日誌に記録してもらうこと。

TR管がもし破損した場合には、中に放射性物質(ストロンチウム)が封入されているので、破片等に直接触れぬようにして、ピンセット等の工具を使って処理すること。

(8) マイクロ波ダイオード(クリスタルダイオードともいう。)は強電界、高電圧、機械的振動、衝撃などに弱いので、取扱いは十分に注意すること。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
747位
(31,428成果物中)

成果物アクセス数
13,086

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月10日

関連する他の成果物

1.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備概論編](初級)
2.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気機器編](初級)
3.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気工学の基礎編](初級)
4.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気計算編](中級)
5.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備技術基準編](中級)
6.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気艤装設計編](中級)
7.通信講習用 船舶電気装備技術講座[試験検査編](中級)
8.通信講習用 船舶電気装備技術講座[基礎理論編](レーダー)
9.通信講習用 船舶電気装備技術講座[機器保守整備編](レーダー)
10.船舶電気装備技術講座[基礎理論編](GMDSS)
11.船舶電気装備技術講座[艤装工事及び保守整備編](GMDSS)
12.船舶電気装備資格者名簿
13.船舶設備関係法令及び規則[資格更新研修テキスト(強電用)]
14.船舶設備関係法令及び規則[資格更新研修テキスト(弱電用)]
15.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気艤装工事編](初級)
16.船舶電気装備技術講座[法規編](GMDSS)
17.医療機器整備に関する概要
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から