日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

北極海航路開発調査研究事業報告書

 事業名 北極海航路開発調査研究
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


北極海航路開発調査研究事業報告書

財団法人 シップ・アンド・オーシャン財団

平成10年度

mokuji-1.gif

 

目    次

はじめに

 

北極海航路開発調査研究委員会名簿

 

第1章 緒言

 

第2章 国際北極海航路計画 INSROP

2.1 INSROP Phase IIの概要

2.2 Box A(Integration Project)の概要

2.2.1 Integration Book Project

2.2.2 INSROP GIS

2.3 Box B(Simulation Project)の概要

2.3.1 WP-0 Coordination of the simulation study

2.3.2 WP-1 Routes and associated operational infrastructure

2.3.3 WP-2 Natural conditions along the selected routes

2.3.4 WP-3 Potential Cargo Flow Analysis and Economic Evaluation for the Simulation Study

2.3.5 WP-4 Design of the NSR Service Ships

2.3.6 WP-5 Collection of SA-15 Operation Data

2.3.7 WP-6 Ship Transit Velocity Simulation Algorithm

2.3.8 WP-7 Legal and environmental evaluation of the selected routes

2.3.9 WP-8 Simulation based on year-round and seasonal operation scenarios

2.4 Box C(サブプログラム毎の調査研究)の概要

2.4.1 Box C-Left(Support Projects for Box A)

2.4.2 Box C-Right(Support Projects for Box B)

 

第3章 情報の可視化

3.1 INSROP GISの基本操作

3.1.1 はじめに

3.1.2 INSROP GISについて

3.1.3 システムの特徴

3.1.4 システムの構成

3.1.5 データベースの内容

3.1.6 本システムの活用法

3.1.7 おわりに

3.2 NSRにおける氷況の数値予測システムの研究

3.2.1 検討対象システム

3.2.2 人工衛星による氷況データ

3.2.3 計算モデルと計算対象

3.2.4 計算結果と考察

3.2.5 本システムの総合評価と将来課題

 

第4章 資料のとりまとめ

4.1 事業の周知啓蒙資料

4.2 INSROP Working Paper

4.3 入手資料

 

第5章 結言

 

Appendix 1

 

NKK エンジニアリング研究所

 

1.0 Introduction

 

2.0 Assumptions for the simulation study

2.1 Route selections

2.2 Environmental condition

2.3 Cost tables and cargo requirements

2.4 Service ships

2.5 SA-15 Operation data

2.6 Transit ship speed simulation code

2.7 Legal assessment and environmental impact assessment

 

3.0 Simulation code

3.1 Features and assumptions

3.2 Monthly voyage simulation (MVS)

3.3 Annual serial voyage simulation (ASVS)

 

4.0 RESULTS

4.1 Evaluation of monthly voyage simulation

4.2 Seasonal simulation

4.3 Routing selection simulation

 

5.0 Conclusions and Recommendations

 

Reference

 

Appendix 2

 

1998年リスボン国際博覧会テクノオーシャン'98展

テクノオーシャン'98展配布資料

21世紀の扉を開く北極海航路 −国際北極海航路開発計画INSROP−

 

 

 

 

成果物の著作権に関するご注意

 

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,386位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
6,592

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.「北極海航路開発調査研究」の報告書
2.知識共有を基盤とした高度造船CIMの開発研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から