日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 歴史 > 伝記 > 成果物情報

富浦の昔ばなし 第二集

 事業名 <郷土学>富浦に伝わる民話集の編纂と地域再発見
 団体名 NPO富浦エコミューゼ研究会 注目度注目度5


房総里見氏年表(ぼうそうさとみしねんぴょう)
西暦
(せいれき)
年号
(ねんごう)
事項(じこう)
一四四一 嘉吉(かきつ) 一 鎌倉公房(かまくらくぼう)・足利成氏(あしかがしげうじ)の近臣里見義実(きんしんさとみよしざね)、安房国(あわのくに)に入部(にゅうぶ)という。
一四五六 康正(こうしょう) 二 里見義実(さとみよしざね)・稲村城(いなむらじょう)から上総国境(かずさこっきょう)へ軍勢(ぐんぜい)を出す(だす)。
一四九一 延徳(えんとく) 三 宮本城(みやもとじょう)が築かれた(きずかれた)という。
一五〇七 永正(えいしょう) 四 里見義堯(さとみよしたか)・里見実堯(さとみさねたか)の子(こ)として誕生(たんじょう)する。
一五三三 天文(てんぶん) 二 里見義豊(さとみよしとよ)・稲村城(いなむらじょう)で正木通綱(まさきみちつな)と里見実堯(さとみさねたか)を殺害(さつがい)する。天文(てんぶん)の内乱(ないらん)勃発(ぼっぱつ)。
一五三四 天文(てんぶん) 三 里見義堯(さとみよしたか)・犬掛合戦(いぬかけがっせん)で里見義豊(さとみよしとよ)を滅ぼし(ほろぼし)、里見氏(さとみし)の宗主権(そうしゅけん)を握る(にぎる)。この頃(ころ)、義堯(よしたか)、一時(いっとき)宮本城(みやもとじょう)に在城(ざいじょう)する。
一五三八 天文(てんぶん) 七 第一次国府台(だいいちじこうのだい)の合戦(かっせん)。小弓公房(おゆみくぼう)・足利義明(あしかがよしあき)敗死(はいし)。義明(よしあき)の遺児(いじ)たち安房(あわ)に落ちる(おちる)。
一五五六 弘治(こうじ) 二 里見義弘(さとみよしひろ)・相州三浦(そうしゅうみうら)と鎌倉(かまくら)を攻める(せめる)。青岳尼(しょうがくに)・鎌倉太平寺(かまくらたいへいじ)より脱出(だっしゅつ)し、義弘(よしひろ)の元(もと)に移り(うつり)室(しつ)となる。
一五六四 永禄(えいろく) 七 第二次国府台合戦(だいにじこうのだいかっせん)、里見義弘(さとみよしひろ)敗れる(やぶれる)。
一五六七 永禄(えいろく)一〇 上総三船山(かずさみふねやま)の合戦(かっせん)で里見氏(さとみし)、北条氏(ほうじょうし)に大勝(たいしょう)する。
一五七〇 元亀(げんき) 一 里見義弘(さとみよしひろ)、岡本城(おかもとじょう)を築く(きずく)。里見義頼(さとみよしより)の居城(きょじょう)となる。
一五七二 元亀(げんき) 三 里見義頼(さとみよしより)、原村(はらむら)へ久留里(くるり)の愛宕大権現(あたごだいごんげん)を勧請(かんじょう)して、愛宕社(あたごしゃ)を造営(ぞうえい)。
一五七三 天正(てんしょう) 一 岡本城(おかもとじょう)で、里見義康(さとみよしやす)誕生(たんじょう)する。
一五七四 天正(てんしょう) 二 里見義堯(さとみよしたか)、久留里城(くるりじょう)で歿する(ぼっする)。
一五七七 天正(てんしょう) 五 里見義弘(さとみよしひろ)、北条氏(ほうじょうし)と和睦(わぼく)する。岡本城(おかもとじょう)の里見義頼(さとみよしより)、北条氏政(ほうじょううじまさ)の娘(むすめ)を室(しつ)とする。
一五七八 天正(てんしょう) 六 里見義弘(さとみよしひろ)、佐貫城(さぬきじょう)で病死(びょうし)する。嫡子(ちゃくし)・梅王丸(うめおうまる)が家督(かとく)を継承(けいしょう)する。天正(てんしょう)の内乱(ないらん)が勃発(ぼっぱつ)する。
一五八〇 天正(てんしょう) 八 里見義頼(さとみよしより)、佐貫城(さぬきじょう)の梅王丸支持勢力(うめおうまるしじせいりょく)を制圧(せいあつ)し、梅王丸(うめおうまる)を捕えて(とらえて)出家(しゅっけ)させ、岡本城聖山(おかもとじょうひじりやま)に幽閉(ゆうへい)する。正木憲時(まさきのりとき)が反乱(はんらん)する。
一五八一 天正(てんしょう) 九 里見義頼(さとみよしより)、正木領(まさきりょう)を制圧(せいあつ)し、安房(あわ)・上総(かずさ)を領有化(りょうゆうか)し、里見家(さとみけ)の当主(とうしゅ)となる。
一五八五 天正(てんしょう)一三 里見義頼(さとみよしより)の子(こ)・里見義康(さとみよしやす)、鶴谷八幡宮社殿(つるがやはちまんぐうしゃでん)で元服(げんぷく)する。
一五八六 天正(てんしょう)一四 里見義康(さとみよしやす)、岡本城(おかもとじょう)で父(ちち)の里見義頼(さとみよしより)に代って(かわって)家督(かとく)を継ぐ(つぐ)。
一五八七 天正(てんしょう)一五 里見義頼(さとみよしより)病死(びょうし)、青木(あおき)の光厳寺(こうごんじ)に葬られる(ほうむられる)。
一五八八 天正(てんしょう)一六 岡本城主(おかもとじょうしゅ)の館(やかた)が、家臣(かしん)の過失(かしつ)で炎上(えんじょう)する。
一五九〇 天正(てんしょう)一八 里見義康(さとみよしやす)、豊臣秀吉(とよとみひでよし)の小田原攻め(おだわらぜめ)に参陣(さんじん)するが、惣無事令違反(そうぶじれいいはん)で上総(かずさ)を没収(ぼっしゅう)される。
一五九一 天正(てんしょう)一九 里見義康(さとみよしやす)、居城(きょじょう)を岡本城(おかもとじょう)より館山城(たてやまじょう)へ移す(うつす)。
一五九二 文禄(ぶんろく) 一 里見義康(さとみよしやす)、豊臣秀吉(とよとみひでよし)の朝鮮攻め(ちょうせんぜめ)に出陣(しゅつじん)する。
一五九七 慶長(けいちょう) 二 安房国総検地(あわのくにそうけんち)(太閤検地(たいこうけんち))。里見義康(さとみよしやす)、家臣(かしん)・社寺(しゃじ)の大規模(だいきぼ)な知行割(ちぎょうわり)を実施(じっし)する。
一六〇〇 慶長(けいちょう) 五 関ヶ原(せきがはら)の役(えき)。里見義康(さとみよしやす)、徳川秀忠(とくがわひでただ)に従い(したがい)字都宮(うつのみや)に出陣(しゅつじん)、恩賞(おんしょう)として鹿島郡(かしまごおり)の三万石(さんまんごく)を加増(かぞう)される。
一六〇六 慶長(けいちょう)一一 梅鶴丸(うめつるまる)、将軍秀忠(しょうぐんひでただ)の御前(ごぜん)で元服(げんぷく)し、忠義(ただよし)を名乗る(なのる)。
一六一一 慶長(けいちょう)一六 里見忠義(さとみただよし)、大久保忠隣(おおくぼただちか)の孫娘(まごむすめ)を室(しつ)に迎える(むかえる)。
一六一四 慶長(けいちょう)一九 里見忠義(さとみただよし)、幕府(ばくふ)より安房国(あわのくに)を没収(ぼっしゅう)され、鹿島三万石(かしまさんまんごく)の替地(かえち)として伯耆国倉吉(ほうきのくにくらよし)を与えられる(あたえられる)。館山城(たてやまじょう)破却(はきゃく)される。
一六二二 元和(げんな) 八 里見忠義(さとみただよし)、伯耆国(ほうきのくに)に歿して(ぼっして)里見家断絶(さとみけだんぜつ)する。


前ページ 目次へ 次ページ





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
349位
(31,571成果物中)

成果物アクセス数
29,480

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年12月7日

関連する他の成果物

1.富浦の昔ばなし 第二集
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から