日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

国際海事情報シリーズ79 欧州における航海機器のシステム化の現状と動向に関する調査

 事業名 造船関連海外情報収集及び海外業務協力事業
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


レーダー/ARPA: The DataBridge 10レーダー/ARPA
特徴
●超高画像度フラット・パネル・ディスプレイ(1600×1200ピクセル)。
●100ターゲットをトラック。
●明るさに合わせた5色のカラー・パネル。
●スクエア型レーダー表示(カバーエリアが27%拡大)。
●航海センサーの統合コントロール可能。
●チャート上への表示可能。
●自動航行及びトラック・ステアリング(ANTS: Automatic Navigation & Tracking System)機能の追加可能。
 
ECDIS: SeaMap 10 ECDIS
特徴
●IMO規制、IEC61174に準拠。
●使用可能なチャート・フォーマットは、公式ベクトル・チャートS-57(PRIMAR、IC-ENC)、C-Map CM-93、ARCSラスター・チャート、NSKV。
●レーダー/ARPA、AISの重畳表示が可能。
●Navtexメッセージが可能。
●オートパイロット制御。
●シンプルで見易いディスプレイ。
●船位予測機能。
 
VDR: Maritime Black Box MBB
特徴
●IMO規制A.861、性能標準IEC61996に準拠。全モジュールがDNV型式承認取得。
●多様なインターフェイス・モジュール。
●2時間連続電源供給。
●12時間のデータ連続保存。
●船上でのデータ再生可能。
●船内ネットワークとのインターフェイス可能。
●ハードディスクへの同時記録。
 
構成ユニット
●DCU: データ集積ユニット
●PSU: データ保存ユニット
●REU: 再生・分析ユニット
 
記録データ
ビデオ
●レーダー・イメージ
オーディオ
●船橋の音響、通信(VHF)
パラメーター
●日時
●位置、速度、進行方向
●エコーサウンダー
●ラダーのコマンドとレスポンス
●エンジンのコマンドとレスポンス
●主要警報装置(IMO規定による船橋上の警報装置)
●加速度とハル・ストレス
●ハル開閉状況
●耐水扉、火災扉の状況
 
販売実績:2万台以上。(同社発表)
 
INS: DataBridge 10またはSeaMap 10ベースのINS
 DataBridge 10レーダー/ARPA、またはSeaMap 10 ECDISをベースにした下図の2仕様のINSが利用可能。
(出所:Kongsberg Maritimeホームページ)
 
IBS: BridgeLine BL10
特徴
●IMO規制、船級の性能標準に準拠し、ワンマン操作も可能。
●船種に応じて異なる仕様、構成要素を提案。(後述)
●ユーザー・フレンドリーなシステム。現在、世界の航海士の50%以上はKongsbergのブリッジ・シミュレーターでトレーニングを受けている。
●レーダー/ARPAとECDISシステムは同じインターフェイス、パネル・レイアウト、メニューを持ち、操作性が向上。
●レーダー/ARPAとECDISシステムは、航路計画、mariner's note、チャート、レーダー・ビデオ、ベクトル表示を共有。
●設置が容易なターンキー・システム。デリバリー時には全システムがコンソールにはめ込み済み。ケーブル接続も容易。
●設置以前に当該規制、性能標準を全て確認済み。
 
 KongbergのIBS BridgeLine 10は、船種に応じて以下の様な仕様、システム構成を提案している。
  客船 RORO船 ガス・
タンカー
ケミカル・
タンカー
石油タンカー
バルク・キャリア
コンテナ船 オフショア船
レーダー/ARPA DataBridge 10 ×2 ×2 ×2 ×2 ×2 ×2 ×3
ECDIS SeaMap10 ×1 ×1 ×1 ×1 ×1 ×1 ×1
ANTS ×1 ×1 ×1 ×1     ×1
AIS ×1 ×1 ×1 ×1      
VDR ×1 ×1 ×1 ×1 ×1 ×1 ×1
ドッキング表示 ×2   ×2        
コニング表示 ×1 ×1 ×1 ×1 ×1 ×1 ×1
集中警報モニター ×1            
ジャイロコンパス ×2 ×2 ×2 ×1 ×1 ×1 ×3
オートパイロット AP2000
×1
AP2000
×1
AP2000
×1
AP9×1 AP9×1 AP9×1 AP2000
×1
船橋監視モニター ×1 ×1 ×1 ×1 ×1 ×1 ×1
GMDSS A3×1 A3×1 A3×1 A3×1 A3×1 A3×1 A3/A4×1
航路計画 ×1 ×1 ×1     ×1 ×1
スピードログ ×1 ×1 ×1 ×1 ×1 ×1 ×1
エコーサウンダー ×1 ×1 ×1 ×1 ×1 ×1 ×1
GDPSアンテナ ×2 ×2 ×2 ×2 ×2 ×2 ×2
Inmarsat B ×1 ×1 ×1 ×1 ×1 ×1 ×1
Loran C ×1 ×1         ×1
風速計 ×1 ×1 ×1 ×1 ×1 ×1 ×1
(出所:Kongsberg Maritimeホームページより作成)
 
客船用 BridgeLine10の機器構成
(出所:Kongsberg Maritimeホームページ)
 
VTS: Norcontrol IT「VTMIS 5060」
 Norcontrol ITの最新VTSである「VTMIS 5060」(Vessel Traffic Management and Information System)にはAISが統合されている。独自の高度アルゴリズムを用い、AIS信号またはレーダーが一時的に中断した場合でも、継続したトラッキングが可能であり、特に交通量の多い港湾での船舶管理に有効である。
 
 AISから船舶の型式とサイズ情報が送られてくるため、陸上局におけるより正確な船舶管理を容易にする。また、新AISプロトコル(IEC 61993-2)により、航行安全に関するテキスト・メッセージや、VTSのレーダー情報を船舶に送信することが可能になり、音声交信に比べて情報通信が迅速化、効率化された。
 
設置実績
 VTMIS 5060の設置実績は、ロサンジェルス、リスボン、シンガポール、ドバイ、オスロを含めた40施設以上。
 
VTS技術動向
 AISデータの自社VTSデータベースへの統合は現在も継続中。また、AISの気象情報、水文情報、他の航海機器からの情報、途中通過目標地点(waypoint)に関するアドバイス等の追加情報もVTSに統合する計画を推進している。さらに、SaabやSeatex等主要AISメーカーと協働し、IALAガイドラインのAISへの適用を進めている。
 
VTS研究開発プロジェクト
 協同研究開発活動としては、Norwegian Coastal Department(KYD)とのリサーチ・プロジェクトを行っている。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
236位
(31,497成果物中)

成果物アクセス数
46,133

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月12日

関連する他の成果物

1.Shipbuilding in Japan 2003
2.中国造船業の概要<2002年>
3.中国造船業の概要<揚子江流域>
4.2003年度 欧州造船政策動向調査
5.中国主要海運企業の概要と事業展開に関する調査
6.中国主要造船企業の概要と事業展開に関する調査
7.国際海事情報シリーズ76 タイ国におけるフェリー網整備に関する調査
8.国際海事情報シリーズ77 米国における次世代水上交通システム構築に関する調査
9.国際海事情報シリーズ78 米国における舶用ベンチャーの事業化支援制度に関する調査
10.国際海事情報シリーズ80 天然ガスの新たな輸送方式に関する調査
11.国際海事情報シリーズ81 欧州の国家造船業を支援するEUの諸政策
12.国際海事情報シリーズ82 欧州舶用関連企業による対中国戦略に関する実態調査
13.国際海事情報シリーズ83 太平洋諸国(オセアニア諸国)における新規造船需要と経済協力に関する調査
14.国際海事情報シリーズ84 欧州造船業を巡る知的財産権とその保護-英国を中心として-
15.国際海事情報シリーズ85 最近の米国の海洋政策策定の動向
16.国際海事情報シリーズ86 東南アジアにおける内航船の安全・環境規制に関する調査
17.国際海事情報シリーズ87 アフリカ諸国造船需要動向調査
18.国際会議「地球未来への企画“海を護る”」
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から