日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 建設工学.土木工学 > 成果物情報

船大工考

 事業名 海難救助等社会貢献者の表彰等
 団体名 社会貢献支援財団 注目度注目度5


甲板梁、木甲板など
 内部の縦通材類は大部分が甲板梁の取付以前に施行されます。(甲板梁を取付けて終うと搬入する入口が無くなる。)
 又は・の斜肋骨を2〜3本外してここから搬入后復旧する方法もあります。(主機台別項)外部の舷側厚板(シヤーストレーキ)と弯曲部厚板、竜骨翼板(ガーボード)の取付けが終った頃、甲板梁の取付けが行われます。機関室の前后、艙口の前后などの端梁を先に取付け主要部を押さえて、その后に普通梁、縦梁、半梁を后に施行します。
 端梁を入れ縦梁を入れると梁上に板を敷いて通行が出来る様になり、始めて甲板上の部分工事も出来る姿となります。梁の要領を説明しますが、今の様にクレーン設備が有りませんので、取付けの為に並べる作業も仲々大変な事です。
 梁受材の様子は図としてAとBを入れましたが、Bは現在国内では見ることが無理の様で、戦中の大型木造機帆船では若干あった様な気がします。憶えているのは木製パイプの排水孔丈です。私の居た頃の造船場では排水管は鉛管を使っております。戦后はこの排水管(上甲板)も無くなりました。之はC図に見る様に梁圧材と木甲板の上面を、船体中央辺前后では同一面とする工夫に依り段付部へ水が溜る事なく舷外へ流れてしまう様な構造に依る所が大きいと思います。梁の架け方は、その造船場に依り、少し違うと思いますが憶えている事を記します。
 
(A)
 
(B)
 
(C)
 
(D)
 
(E)
 
(F)







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
203位
(31,488成果物中)

成果物アクセス数
55,770

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月21日

関連する他の成果物

1.平成14年度 社会貢献者の記録
2.平成14年度 社会貢献者表彰式典
3.第1回「こども読書推進賞」推薦募集
4.社会貢献者表彰推薦募集
5.修繕箇所写真
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から