日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 建設工学.土木工学 > 成果物情報

船大工考

 事業名 海難救助等社会貢献者の表彰等
 団体名 社会貢献支援財団 注目度注目度5


 船梁の差込部は、なるべくキックします。(ガタガタでなく細工を良くするという言葉を使う)従って油を塗って差込みます。差込部の孔開口は、巾を鋸目1枚程(2m/m位)狭く仕上げ、矢を打込む場合、緩まぬ様にとの心使いですが、尚緩い時は矢の先端を更に詰めて(切断)完全に納まる様にします。船梁の取付順序を次に示します。
 
 
(1)まさがいの有る方を先に深く差込み、右端を船首へ寄せ孔に向わせる。
(2)右側の嵌込部に船梁を差込み、左右共、アリ掛に当る迄船首へ寄せる。
(3)左、右の矢を打ち込む。
(4)充分に締めた后(矢を調節して)丸釘でまさがいや矢を固定する。
舷外部分の矢を切断する。
 
二の間船梁及び盤船梁
 之等の材料は腰当などより一段小さくなります。更に上まさがいが付きません。嵌込孔は、腰当船梁と同高さですから、外見では腰当より低く設置された様に見えます。嵌込孔は、全て同一高さとして、外部に更に設置される廻り渕(防舷材)によって各船梁の木口は隠れてます。一の間、二の間船梁は、抜棚面までの長さですが盤船梁丈はけあげ船梁の様に外部へ延し化粧を施します。(之は楢材を必ず使う。)
 
二の間、一の間船梁
 
曳立との連結
 
 二の間、一の間は同じ構造で、盤は材料が楢材 二の間、一の間は椈材です。盤船梁は中心部に曳立が付きます。盤船梁のみ、外面を35m/m程突出させ角面をとり、赤白黒などの化粧を施します。この盤船梁より、やゝ后方から上図の様に廻渕と云う防舷材が付きます。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
197位
(34,464成果物中)

成果物アクセス数
64,509

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年5月14日

関連する他の成果物

1.平成14年度 社会貢献者の記録
2.平成14年度 社会貢献者表彰式典
3.第1回「こども読書推進賞」推薦募集
4.社会貢献者表彰推薦募集
5.修繕箇所写真
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から