日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

アルミニウム合金船の設計・建造の要点

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本中小型造船工業会 注目度注目度5


3. 製造品質と製造原価及びラーニングカーブ
佐々木修「品質管理の知識」
日本経済新聞社−日経文庫
 
 
●ラーニングカーブ(習熟曲線)の概念
 習熟現象を図示すると、繰り返し回数(又は号機)の増加に伴い工数又はコストが減少し、その傾向を数種の曲線で近似させることが出来る。
 一般的には普通目盛のグラフで画かれた曲線が双曲線で表せるものは、両対数目盛のグラフでは累計平均値が直線で表示出来る特性を持つ。この特性を生産活動のマネジメントツールとして利用するのがその概念である。
(拡大画面:25KB)
 
●標準的な習熟率(繰り返し製品の場合)
 通常習熟率は作業の種類に応じて次の様な箆囲の値を採る。
 一般に習熟率が85%以上であれば、その職場には生産技術者が居ないと同様である。
 
作業 習熟率(%)
(累計平均習熟)
初号機倍率
(初号機工数/標準工数)
標準工数に至る号機
機械・板金作業 75〜90 3〜4 4〜3,100
組立作業 70〜85 6〜8 8〜2,300
 
4. 工数消化Sカーブモデル
(拡大画面:85KB)







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
43位
(33,621成果物中)

成果物アクセス数
217,321

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月19日

関連する他の成果物

1.造船現図指導書(原寸型・定規)
2.平成14年度通信教育造船科講座受講者募集のご案内
3.平成14年度通信教育造船科講座のしおり
4.平成14年度通信教育造船科講座スクーリング(面接指導)実施要領
5.船殻設計
6.船殻設計(学習指導書)
7.平成14年度通信教育造船科講座添削問題
8.平成14年度通信教育造船科講座スクーリング試験問題
9.通信教育造船科講座正解集(平成14年度)
10.船殻ブロックのデジタル生産技術の基礎研究 成果報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から