日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

アルミニウム合金船の設計・建造の要点

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本中小型造船工業会 注目度注目度5


2. 板の突合せ継手及びT継手の半自動ミグ標準溶接条件
 JIS Z 3604では「標準溶接条件範囲」をグラフで示しているが、これから個々の溶接条件を知るには困難さが伴うため、(社)軽金属溶接構造協会ではこれを表形式に改めて使用の便を計った(アルミニウムのイナートガスアーク溶接標準溶接条件)。但しこの表は簡素化を計ったため母材5083材、ワイヤは5183を対象として作成されているので、他合金に対する場合は条件の修正を行う必要がある(詳しくは同条件書参照)。表2−1〜2−2にこれらを示す。
 溶接に当たっては、開先部の酸化被膜を十分除去する必要がある。
 
表2−1 板の突合せ継手の半自動ミグ標準溶接条件
(拡大画面:81KB)
 
表2−1 板の突合せ継手の半自動ミグ標準溶接条件(続き)
(拡大画面:95KB)
 
 表2−1 板の突合せ継手の半自動ミグ標準溶接条件(続き)
(拡大画面:74KB)
 
表2−2 T継手の半自動ミグ標準溶接条件(続き)
(拡大画面:38KB)
 
表2−1 板の突合せ継手の半自動ミグ標準溶接条件(続き)
(拡大画面:29KB)
注*:
板厚16〜25mmではパス数を適当に加減する。ひずみを少なくするために、表パスと裏パスを交互に行う
 
表2−2 T継手の半自動ミグ標準溶接条件
(拡大画面:89KB)







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
47位
(30,551成果物中)

成果物アクセス数
190,802

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年3月23日

関連する他の成果物

1.造船現図指導書(原寸型・定規)
2.平成14年度通信教育造船科講座受講者募集のご案内
3.平成14年度通信教育造船科講座のしおり
4.平成14年度通信教育造船科講座スクーリング(面接指導)実施要領
5.船殻設計
6.船殻設計(学習指導書)
7.平成14年度通信教育造船科講座添削問題
8.平成14年度通信教育造船科講座スクーリング試験問題
9.通信教育造船科講座正解集(平成14年度)
10.船殻ブロックのデジタル生産技術の基礎研究 成果報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から