日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

アルミニウム合金船の設計・建造の要点

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本中小型造船工業会 注目度注目度5


1.3 溶接作業者の資格
 手溶接及び半自動溶接の作業者は、JIS Z 3811(アルミニウム溶接技術検定における試験方法及び判定基準)に基づく溶接技術検定試験に合格した者又は同等の技能を持った者とする。自動溶接の作業者はその作業に熟練した者とする。
 技術検定試験はアルミニウム溶接技術検定委員会(軽金属溶接構造協会、日本溶接協会)が行う。試験の種類を表1−3に、各種溶接作業が出来る溶接母材の範囲を表1−4に示す。
1.4 溶接施工法確認試験
 アルミニウム合金製船殻に適用する溶接方法は、JIS Z 3040(溶接施行方法の確認試験方法)に基づいた試験に合格したものでなければならない。確認試験に当たっては、必要事項を記入した申請書を提出する。溶接施行方法試験成績書様式の一例を表1−5に示す。
 
表1−5 溶接施行方法試験成績書
(拡大画面:28KB)
 
表1−3 JIS Z 3811 による試験の種類
(拡大画面:99KB)
 
(拡大画面:43KB)
注:
1)
溶接はすべて突合せ溶接,試験材の形状寸法は図1及び図2参照
2)
溶接姿勢は図3及び図4参照
3)
水平固定及び鉛直固定は図2参照
4)
1〜2層をティグ溶接で行うこともできる
 
表1−4 各種溶接作業ができる溶接母材の範囲
単位:mm
溶接作業の区分 溶接母材の範囲
薄板 板厚 6以下
中板 板厚 16以下
厚板 板厚制限なし
薄肉管(1) 強度的に重要な管構造物 肉厚 8以下
中肉管(1) 強度的に重要な管構造物 肉厚 25以下
厚肉管(1) 強度的に重要な管構造物 肉厚 制限なし
注:(1)外径400以上の管は板とみなすことができる
 
1.4 溶接工事に関する参考図書・文献
 溶接工事に関しては是非下記図書・文献を参考とすること。
1)アルミニウム合金製船殻工作標準(LWS W 8101-1997)、(社)軽金属溶接構造協会発行
2)  〃  〃  〃  工作精度標準(LWS Q 8101:2001)、 〃  〃  〃
3)アルミニウム合金構造物の溶接施工管理、(社)軽金属溶接構造協会発行
4)アルミニウム合金の溶接ひずみ防止マニュアル、 〃  〃  〃
5)アルミニウム合金ミグ溶接部の気孔防止マニュアル、 〃  〃  〃
6)アルミニウムのイナートガスアーク溶接標準溶接条件、 〃  〃  〃
7)アルミニウム合金船建造技術指導書(工作編)、(財)日小型船舶工業会発行
 
1.5 開先取り器材、溶接機、溶接ワイヤ等
1.5.1 開先取り器材
 ニューマチックシェーバー、デプラグ、かんな盤、グラインダー、エンドミル等を使用。
1.5.2 ミグ溶接機
 近年インバータ化による新しい波形制御法が採用され、最適溶接条件設定と溶け込み制御を考慮したファジー制御や、デジタル制御化による高速、高精度なフィードバックを織り込んだ高性能溶接機が標準機として使用されるようになっている。デジタルウエーブパルス350・500−MIG溶接機や、デジタルパルスオート350・500MIG溶接機等がその例である。
 通常のアルミニウム合金船を建造する場合、溶接機の容量は350A以下で良い。仮付け用や薄板用に150A以下のものも必要(0.8mmワイヤ使用)。
 工場の受電設備容量は150KVA/日程度で良い。
1.5.3 溶接ワイヤ
 溶接ワイヤ及び溶接棒(ティグ溶接)は、JIS Z 3232に規定するものを使用し、母材との組合わせはJIS Z 3604によるが、使用に便なるよう船舶用に纏めた指針を表1−5に示す。
 ワイヤ径は、薄板、仮付け用には0.8mm、中厚板には一般に1.2〜1.6mmが使用される。
 
表1−5 母材の組み合わせによる溶接棒及びワイヤの選定方針
(拡大画面:19KB)
 
1.5.4 溶接作業環境
1)塵挨が十分排出出来る換気装置とすること。
2)戸外の作業場には適当な雨避け、風除け等を設けること。
3)溶接トーチ付近の風速が0.5m以上の時は、遮風措置を講ずること。
4)十分な容量のトーチ冷却用冷却水設備があること。
5)組立用、歪み防止用その他のジグ類を常備し、活用すること。
6)自走式半自動溶接装置を活用すること(裏波溶接を含む)。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
47位
(31,179成果物中)

成果物アクセス数
192,983

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年6月8日

関連する他の成果物

1.造船現図指導書(原寸型・定規)
2.平成14年度通信教育造船科講座受講者募集のご案内
3.平成14年度通信教育造船科講座のしおり
4.平成14年度通信教育造船科講座スクーリング(面接指導)実施要領
5.船殻設計
6.船殻設計(学習指導書)
7.平成14年度通信教育造船科講座添削問題
8.平成14年度通信教育造船科講座スクーリング試験問題
9.通信教育造船科講座正解集(平成14年度)
10.船殻ブロックのデジタル生産技術の基礎研究 成果報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から