日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

アルミニウム合金船の設計・建造の要点

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本中小型造船工業会 注目度注目度5


2. ロンジ貫通部方式の得失
 各方式につき部材数、溶接長、工事の難易度、強度保持面(特に疲労強度)での得失判断が必要。
 
(拡大画面:53KB)
 
各方式の検討
(拡大画面:46KB)
 
3. 工作精度標準抜粋(アルミニウム合金製船殻工作精度標準LWS Q 8101 :2001
 本標準には、標準範囲と許容限界の規定があるが、工作は標準範囲の数値を指標とするのが原則である。但し許容限界内であれば、手直しする必要はない。
a)標準範囲 満足し得る品質の製品を製造するために、その製造工程において達成すべき工作精度の指標。
b)許容限界 標準範囲を超えても、後工程で何等修正することなく品質を十分保証し得る工作精度の限界。
 溶接線の接近は強度低下部の集中を招き、製作部材及び取付時の過大なクリアランスは溶接残留応力及び残留歪みを大きくし、表面傷や不要ビードの存置は応力集中や腐食発生の原因となり、不適当な穴埋処理は潜在瑕疵を作り応力集中並びに強度低下を招き、過大なやせ馬は船の仕上がり品質評価でトラブルを招き易い。
 工作精度標準の遵守が工程確保とコスト削減の重要因子であることを忘れてはならない。
 
(拡大画面:73KB)
 
(拡大画面:104KB)
 
(拡大画面:90KB)







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
47位
(30,543成果物中)

成果物アクセス数
190,394

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年3月9日

関連する他の成果物

1.造船現図指導書(原寸型・定規)
2.平成14年度通信教育造船科講座受講者募集のご案内
3.平成14年度通信教育造船科講座のしおり
4.平成14年度通信教育造船科講座スクーリング(面接指導)実施要領
5.船殻設計
6.船殻設計(学習指導書)
7.平成14年度通信教育造船科講座添削問題
8.平成14年度通信教育造船科講座スクーリング試験問題
9.通信教育造船科講座正解集(平成14年度)
10.船殻ブロックのデジタル生産技術の基礎研究 成果報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から