日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

アルミニウム合金船の設計・建造の要点

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本中小型造船工業会 注目度注目度5


3.3 バルバスバウ(球形船首)の効果
 バルバスバウ装着船型はWaveless Form(波なし船型)とも呼ばれ、本来は図3−3に示す様に、排水量型船舶において水線下のステム前方に球形物体を突出させ、前進時にこれが作る波とステムで発生する船首波(山)とを干渉させ、船首波の山を消し、造波抵抗を減らす効果を狙ったものであるが、現在では以下に示すような効果も考慮して漁船を含め各船種に広く採用されるようになった。但し半滑走型や滑走型の高速船には例外を除き採用されてはいない。小型船のバルバスバウの断面形状は、楕円形又は瓜形様のものが多い。
a)船首部を実質的に前方に延長することにより、水線面の流入角を小さくし、造波抵抗を減少させる(特に肥大船に効果あり)。
b)船首部に浮力を付加し、満載時の前トリムを防ぐ。
c)船首部に浮力を付加し、船首の上下加速度、波への突っ込みを緩和する。
(但し、寸法、形状の選択を誤ると逆効果を招くことがあるので注意を要する。)
 図3−4に漁船のバルバスバウの実船例を示す。
 
図3−3 バルバスバウの効果
(拡大画面:17KB)
 
図3−2 日本型及び北欧型漁船の船型比較例(水工研)
(拡大画面:41KB)
 
(拡大画面:62KB)
図9 
船体表面圧力分布(Fn=0.35、11kt、上が日本型、下が北欧型)
 
(社)海洋水産システム協会
第33回漁船研究発表討論会資料
H4.3.22
 
図3−4 漁船のバルバスバウの実船例
(拡大画面:119KB)







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
47位
(31,210成果物中)

成果物アクセス数
193,434

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年6月22日

関連する他の成果物

1.造船現図指導書(原寸型・定規)
2.平成14年度通信教育造船科講座受講者募集のご案内
3.平成14年度通信教育造船科講座のしおり
4.平成14年度通信教育造船科講座スクーリング(面接指導)実施要領
5.船殻設計
6.船殻設計(学習指導書)
7.平成14年度通信教育造船科講座添削問題
8.平成14年度通信教育造船科講座スクーリング試験問題
9.通信教育造船科講座正解集(平成14年度)
10.船殻ブロックのデジタル生産技術の基礎研究 成果報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から