日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 自然科学 > 医学.薬学 > 成果物情報

平成14年度(2002年)研究報告

 事業名 医学医療に関する研究助成
 団体名 笹川保健財団  


14. ターミナルケアにおける医療ソーシャルワーク
― 急性期病院及びホスピス・緩和ケア病棟における医療ソーシャルワーカーの現状調査及び今後について―
 
大阪大学大学院 人間科学研究科臨床死生学研究室・博士前期課程 本家裕子
 
I 研究の目的・方法
1. 背景
 医療技術の進歩・高度化により、疾病の早期発見・早期治療も進み、がんは慢性病として位置付けられるようになってきている。加えて、少子・高齢社会の到来、生活水準の向上や生活意識の変化に伴う医療への意識の変化、生活環境の変化に伴う疾病構造の変化からも、患者・家族の心理的・社会的問題の解決が重要視されている。したがって、社会福祉の立場から患者・家族の抱える心理的・社会的・経済的問題の解決・調整を援助し、社会復帰を図る医療ソーシャルワーカー(Medical Social Worker;MSW)の専門的介入の必要性が高まっていると言える。
 がんの終末期(End-of-Life;EOL)ケアにおいてMSWが果たしている、また果たすべき役割は何であるかについて、国内外の先行研究を概観したところ、心理的・社会的サポートのなかでも特に“心理的サポート”、“患者・家族と医療スタッフの関係調整”、“遺族ケア”という3つの役割が示唆された。しかし、日本ではMSWは他の医療スタッフからの認知も不充分であり、ホスピス・緩和ケア病棟のMSWでさえも、本来の機能を果たしていないことが明らかとなっている。したがって、一般病院ではさらに不充分な援助しかできていないと考えられる。このような状況において、MSWは専門性の主張も困難であり、理想と現実のギャップに苦悩し、現状に満足していないと推測される。
 
2. 目的
 がんのEOLケアにおけるMSWの必要性・重要性を検証し、その望ましいあり方を模索し、MSWによるより良い末期がん患者支援のための提言を行うことを目的とする。そのために、全国のMSWに対して質問紙調査を行い、(1)がんのEOLケアにおけるMSWの業務の現状、(2)患者・家族に対する“心理的サポート”、“患者・家族と医療スタッフとの関係調整機能”、“遺族ケア”に対する認識を中心とした、MSWのがんのEOLケアに対する認識、(3)MSWの職務満足度の実態の3点について明らかにすることを試みた。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
88位
(31,373成果物中)

成果物アクセス数
139,039

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年7月13日

関連する他の成果物

1.病院概況表(補助金申請用)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から