日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 自然科学 > 医学.薬学 > 成果物情報

平成14年度(2002年)研究報告

 事業名 医学医療に関する研究助成
 団体名 笹川保健財団  


7. 大学病院におけるターミナルケアの取り組みについて(緩和医療チームを編成して)
東京慈恵会医科大学 麻酔科学講座・助手 大竹知子
 
研究目的
 昨年度の研究で大学病院における緩和医療の方向性についての研究を行ってきたが、今回は当院において緩和医療チーム(麻酔科・外科・内科・産婦人科・耳鼻咽喉科・精神科・リハビリテーション科・放射線科・癌性疼痛認定看護師などのメンバーによる)を結成し、大学全体の緩和医療のレベルをあげるべく、緩和医療の啓発と実践を行うことを目的とした。緩和医療の概念は広いため、とりあえず院内の疼痛コントロールの適正化をはかるべく、疼痛コントロールチームを編成し(メンバー:婦人科医師・看護師〔癌性疹痛認定看護師を含む〕・臨床薬剤師・麻酔科医師)、モルヒネの初期投与のクリニカルパスの作成を試みた。婦人科病棟のモルヒネ初回導入の患者を対象とし、WHO方式による癌疼痛ラダーに基づき、癌疼痛患者の使用状況を調査し、有効なモルヒネ使用量の適正化の検討することを目的とした。続いて、実際に緩和医療チームを立ち上げ活動を開始し、大学病院での緩和医療のあり方について検討した。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
88位
(31,444成果物中)

成果物アクセス数
139,196

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月24日

関連する他の成果物

1.病院概況表(補助金申請用)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から