日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

1級舶用機関整備士指導書

 事業名 舶用機関整備士の資格検定事業
 団体名 日本舶用機関整備協会 注目度注目度5


5)ハクリ
 軸受の破壊の終局的な段階はハクリである。ハクリは合金が裏金から分離することであるから、疲労も焼付も最終的にはハクリの状況になる。従って、ハクリ状況になっている軸受を観察して、原因が何であるかを調査するとき、三つの場合に当面する。
(1)疲労が原因でハクリした場合(一部の焼付を含む)。
(2)焼付が原因でハクリした場合(一部の疲労を含む)。
(3)軸受の裏金と合金との接着力が弱いためにハクリした場合。
 (1)、(2)の場合は、それぞれ疲労、焼付と解釈し、ハクリとしない方が、分類上便利である。
 (3)の場合だけがハクリと解釈すると、ハクリは常に軸受事態の品質にだけ要因がある。
 
補・26図 ハクリの例
 
 
合金ハクリ部拡大
 
6)腐食
 腐食は軸受の合金面の穴となって表われる。ピンホール状の小さい穴が散在するものから、これらが密集発達して、やや大きな穴となるものもある。
 軸受合金は材質によって腐食に対する抵抗の度合が異なる。アルミニウム錫等を素地とする合金は腐食し難く、銅、鉛を素地とする合金は腐食しやすい。したがって銅鉛合金は鉛やインジュウを含むことにより耐食性を改善したオーバレイによって合金の耐食性をカバーする対策もとられる。
 腐食は化学現象と考えられるが、「スキマを小さくすると表面の剪断応力の繰り返しにより表面から損傷が起るので、腐食によって損傷がはなはだしくなる。特に耐食性の劣る銅鉛合金でいちじるしい」という説は注目に値する。
 
補・27図 腐食の例
合金腐食外観
 
 
腐食部拡大
 
 
腐食部断面組織







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
11位
(33,821成果物中)

成果物アクセス数
640,208

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年11月27日

関連する他の成果物

1.3S級舶用機関整備士問題集
2.1級舶用機関整備士更新講習会指導書
3.3級舶用機関整備士問題集
4.2級舶用機関整備士指導書
5.3級舶用機関整備士指導書
6.3S級舶用機関整備士指導書
7.1級舶用機関整備士問題集
8.2級舶用機関整備士問題集
9.2・3級舶用機関整備士更新講習会指導書
10.平成14年度団員拡充モデル事業実施報告書(千葉市連盟版)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から