日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

2・3級舶用機関整備士更新講習会指導書

 事業名 舶用機関整備士の資格検定事業
 団体名 日本舶用機関整備協会 注目度注目度5


5)ヤマハMD750KHα・KUH・KUHp型
ヤマハ発動機株式会社
 
 新MD750シリーズは、法70馬力クラス最大の排気量とクラス初のツインターボの採用により、業界トップの高出力を実現しました。様々なユーザの使用状況に応えるために、法70馬力クラスでトップの360kW(490馬力)を誇るMD750KUHp、バランスに優れたMD750KUH、トルク重視のMD750KUHαの3仕様を設定しています。
更に、マリンギヤも従来のストレートドライブに加え、MD1051で好評のアングルドライブ仕様を設定しています。
全高の低減により、低重心化と有効スペースの拡大が実現し、船の実力を最大限に引き出します。
 
<特徴>
1. 新開発のマリンディーゼルエンジン
(1)750シリーズとして、310kW(421馬力)〜360kW(490馬力)までラインナップしました。
(2)排気量をクラス最大の7,534mm3とし、漁船法 新法70馬力クラスの中でトップレベルの性能を実現しました。また、OHCバルブ駆動リヤギヤトレーンの採用等により軽量でコンパクトなヤマハエンジンの特徴を追求し、漁船の高性能と経済性をハイレベルで実現しました。
 
ツインターボシステム
(3)クラス初のツインターボシステムを採用することにより、全域での高出力化、特に中低速トルクを大幅に向上しました。
(4)エアクーラには、フィン&チューブ方式を採用しターボチャージャーへの空気の充填率を大幅に高めました。
(5)高出力化に伴う油温上昇に対応し、海水冷却オイルクーラを採用しました。オイル側にサーモスタットを設定し最適な油温にコントロールしています。
(6)シリンダヘッド、コンロッド、カムギヤボルトは塑性域締め付けとし、高い締め付けトルクと安定したトルクを確保しました。
(7)オートPSDシステムを標準装備し、冷間時の白煙の低減をはかりました。
(8)オートグローコントロールシステムを標準装備し、冷機時のスムーズなエンジン始動を実現しました。
 
2. 新型マリンギヤの採用
(1)750シリーズとして、ストレートドライブ改良に加え新開発のアングルドライブを設定しました。
業務用に対応したアングルドライブマリンギヤは、減速比2.92から1.53の4種類を設定し、使用用途の多用さをはかりました。
(2)全てのマリンギヤは正転・逆転を可能とし、2機2軸の搭載にも対応しました。
(3)MD690シリーズで好評な電子制御微速装置をさらに改良し、トローリング運転の安定化とガラ音の低減をはかりました。
(ストレート・アングルマリンギヤ共)
 
3. 新デザインのメータパネルとスイッチの採用
(1)スイッチとメータを別体とし、取り付け時の自由度に配慮しました。
(2)メータ及びスイッチの照明を無段階の調整式とし、夜間の航行時における快適性に配慮しました。
(3)ブースト計・油圧計・燃料計の各メータをオプション設定し、ユーザニーズに合わせた選択ができるようにしました。
(4)ニュートラル表示ランプを標準設定し、シフト状態が一目で分かるようにしました。
(5)オイル交換表示ランプを標準設定し、ユーザのメンテナンスに配慮しました。
 
(拡大画面:156KB)
 
 
<主要外観寸法図(ストレートドライブ仕様)>
(拡大画面:187KB)
 
 
■ MD750KHα・KUH・KUHp仕様諸元
機関名称 KHα KUH KUHp
登録型式 N 492 N491 N 494
マリンギヤ軸端最大出力{kW(PS)/rpm} 310(421)/2,800 340(462)/2,800 360(490)/2,800
使用条件 最大出力2時間以内 最大出力1時間以内 プレジャーボートレイティング
形式 水冷4サイクル立型ディーゼル
漁船法馬力数 70
シリンダー(数−配列) 6−直列
シリンダー(内径×行程)(mm) 110.9×130
行程比(行程/内径) 1.18
排気量(m3) 7,534
燃焼室形式 直接噴射式
使用燃料 軽油又はA重油 軽油
連続定格出力(JCI馬力){kW(PS)/rpm} 282(383)/2,714 309.5(421)/2,714 327.5(445)/2,714
無負荷最低回転速度(rpm) 525〜575rpm(ストレートマリンギヤ)
550〜600rpm(アングルマリンギヤ)
最大据付傾斜角度(度) 前上がり12度(ストレートマリンギヤ)
前上がり2度(アングルマリンギヤ)
全長×全幅×全高(mm) 1,670×916×978(ストレートマリンギヤ)
1,597×916×975(アングルマリンギヤ)
乾燥質量(マリンギヤ含む)(kg) 940(ストレートマリンギヤ)
960(アングルマリンギヤ)
減速比 A:3.46 B:2.96 C:2.45 D:1.97 E:1.55(ストレートマリンギヤ)
B:2.96 C:2.46 D:2.03 E:1.53(アングルマリンギヤ)
予熱装置 グロープラグ(アフターグロー)方式
冷却方式 海水間接清水冷却
オルタネーター(V−A) 24・50
バッテリー(V−AH×数) 12-150×2以上(12-200×2以上(寒冷地向))







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
143位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
89,364

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.3S級舶用機関整備士問題集
2.1級舶用機関整備士更新講習会指導書
3.3級舶用機関整備士問題集
4.1級舶用機関整備士指導書
5.2級舶用機関整備士指導書
6.3級舶用機関整備士指導書
7.3S級舶用機関整備士指導書
8.1級舶用機関整備士問題集
9.2級舶用機関整備士問題集
10.平成14年度団員拡充モデル事業実施報告書(千葉市連盟版)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から