日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

これからの看護記録・新しく変転するPOS ?診療情報開示とリスクマネージメントを視野にいれて?

 事業名 健康教育の啓蒙普及並びに調査研究(Enlightening movement & Research of Health education
 団体名 ライフ・プランニング・センター 注目度注目度5
第3章 看護記録ガイドライン
 ここでは、日本看護協会の看護記録開示に関するガイドラインを基に看護記録の指針を述べた。
I.看護記録の概念
 看護記録とは、看護実践の過程を記述したものである。(日本看護協会看護業務基準)
 看護実践の一連の過程の記録は、看護職者の思考と行為を示すものである。日本看護協会が明確にしたこの看護実践は、保健婦助産婦看護婦法に規定された看護業務(療養上の世話および診療の補助)をも含み、業務記録としての意義をもつと考える。すなわち、診療録の概念に準ずるなら、「看護記録とは、適正な看護を行ったことを証明するものである」とする業務記録でもある。
 また、医療の担い手である看護婦・士が記述した看護記録は、診療記録の一部に含まれるものであり、ここでいう「看護実践」とは、看護職の責務を記述した「看護業務基準(社)日本看護協会1995」で明らかにされた下記の内容を意味し、これらの看護実践の過程が記載されたものである。
看護実践の内容
1)看護を必要とする人に身体的、構神的、社会的側面からの手助けを行う。
2)看護を必要とする人が変化によりよく適応できるように支援する。
3)看護を必要とする人を継続的に観察、判断して問題を予知し、対処する。
4)緊急事態に対する効果的な対応を行う。
5)医師の指示に基づき、医療行為を行い、その反応を観察する。
看護実践の方法
6)専門的知識に基づく判断を行う。
7)系統的アプローチを通して個別的な実践を行う。
8)看護実践の一連の過程は記録される。
9)全ての看護実践は看護職者の倫理規定に基づく。
II.看護記録の目的
 看護記録は診療記録の一部でもあり、診療情報の概念をも包含し、その目的とする。
1.患者の健康状態やそれらに対する評価および医療・ケアの提供の経過、観察結果に関する簡潔な情報を提供する。(診療情報の提供の意味)
2.患者に生じた問題およびそれに対する行為(医療行為も含む)の記録を提供する。
3.必要とされたケアの証拠、および看護職者による看護の実践と、患者の反応を提供する。
4.健康状態がどのように改善したか、あるいは悪化したかを判別する基礎となる記録を提供する。
5.患者や他のケア提供者との情報の共有や、ケアの連続性、一貫性に寄与する。
6.ケアの評価やケアの向上開発の貴重な資料とする。
7.施設がその設立要件や診療報酬上の要件を満たしている事を証明する。
8.医療事故や医療訴訟の際の法的資料とする。(事実認定)
 なお、この目的には、日本看護協会が挙げた下記の看護記録の機能をも包含する。
1)看護記録の機能
看護記録の機能としては、次の3つがあげられる。
○看護の実践を明示する。
○患者に提供するケアの根拠となる。
○医療者間および患者・医療者間の情報交換のための手段となる。
 また、次のような役割も担う。
○施設がその設立要件や診療報酬上の要件を満たしている事を証明する。
○ケアの評価やケアの向上開発の貴重な資料となる。
○医療事故や医療訴訟の際の法的資料となる。
III.看護記録の重要性
1)協働・Collaborationの時代、医療従事者間のケアを統合し、ケアの一貫性・継続性を維持する上でケアを提供するチームメンバー間のコミュニケーションおよび情報の伝達を効果的にする。
2)ケアにおける看護職者の役割・看護業務の適切な遂行を証明する。
3)患者ケアに関して、ケアの根拠を示す。
4)将来おこるかもしれない訴訟に対して、医療従事者を保護する。
IV.看護記録の構成要素
1.看護記録の枠組み
 医療、看護の特徴ならびに看護記録の概念から看護実践の一連の過程を記録の枠組みとする。診療記録として標準化されたPOSとの関連をも考慮する。
2.現在および今後を予測した記録に関する法的規定
1)保助看法・看護職者の責務と看護記録
2)健康保険法、入院基本料の規定、近い将来看護必要度
3.看護記録の構成要素
z0009_01.jpg
図−3【看護記録の構成要素】
 [1]1)〜5)迄のリンケージと一貫性が課題 [2]問題点・問題リストが鍵 [3]看護計画は実行するシステムを [4]経過記録の中心 問題の経過・評価、医療行為
 1)基礎情報から問題を2)解決するべき問題を3)問題解決のための計画を4)問題の経過を5)必要な場合にこれらの要約を
 
 これらは、横軸もプロセスであり、また、縦軸もプロセスである。
4.看護記録の構成要素と概念(日本看護協会)
1)基礎情報とは
患者についての個別的な情報が記載されたもの。現在あるいはこれから必要とされるケアや患者の問題を判別するためおよびケアを計画し、実行する上での基礎となるものである。
2)問題リストとは
問題とは、看護を必要とする人が健康生活を営むうえでの心身の機能・能力を妨げるような事項である。
問題リストとは、医療保健チームメンバーが解決すべき患者の問題を列挙したものである。
3)看護計画とは
看護を必要とする人の問題を解決するための個別的なケアの計画を記載したものである。
4)経過記録とは
看護を必要とする人の問題の経過や治療・処置・ケア・看護実践とその結果を記載したものである。
5)サマリーとは
看護を必要とする人の経過・情報を簡潔にまとめたものであり、必要に応じて作成する。(継続看護に必要な情報をまとめたもの。)








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
9位
(34,464成果物中)

成果物アクセス数
690,672

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年5月14日

関連する他の成果物

1.「新老人運動」へのお誘い
2.うつのカウンセリング学
3.精神疾患の身体症状、身体疾患の精神症状
4.私たちの遺書?語り残した戦争体験?
5.平成13年度 海外医療事情調査報告書 米国における老年医療の現況に関する調査報告
6.新老人 実りある第三の人生のために
7.月刊広報誌「教育医療」2001年4月
8.月刊広報誌「教育医療」2001年5月
9.月刊広報誌「教育医療」2001年6月
10.月刊広報誌「教育医療」2001年7月
11.月刊広報誌「教育医療」2001年8月
12.月刊広報誌「教育医療」2001年9月
13.月刊広報誌「教育医療」2001年10月
14.月刊広報誌「教育医療」2001年11月
15.月刊広報誌「教育医療」2001年12月
16.月刊広報誌「教育医療」2002年1月
17.月刊広報誌「教育医療」2002年2月
18.月刊広報誌「教育医療」2002年3月
19.早期退院をめざすための技術と戦略 ?保健医療職に必要な患者ケアの技法に何があるか?
  [ 同じカテゴリの成果物 ]



この成果物について語り合う


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から