日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

新世代のRoPaxが欧州市場に及ぼす影響

 事業名 基盤整備
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


ユーロトンネルは海峡横断旅客輸送に甚大な影響を及ぼし、海上輸送は旅客、貨物とも現在減少を示している。背景となる英国航路全体の輸送の伸びはきわめて堅調で、フェリー輸送量のみの5%を上回る10%近い伸びとなっている。トンネルは受入れ能力の制約があるので、さらに輸送量が伸びれば(少なくとも貨物に関する限り)増加分はフェリーが積み取ることになるであろう。

 

スカンジナビア/バルチック海航路:

旅客・乗用車輸送の60%前後を占めるスカンジナビア・バルチック海で最大の航路は、エーレスンド橋という脅威を有する短距離のスウェーデン/デンマーク航路と、トレーラの主要航路であるスウェーデン/デンマーク・ドイツ航路である。輸送量が比較的低いバルチック東部では、英国航路に比べ、貨物が大きな比重を占めている。

旅客輸送量は一部の航路では微減、他の航路では微増を示している。貨物輸送は大抵の航路で5ないし10%の率で増加している。

 

地中海航路:

地中海には11のフェリー航路があり、英国、スカンジナビア・バルチック海、いずれの航路と比較しても集中度が低い。しかしながら旅客、貨物いずれでも主要航路はイタリア、サルディニア、コルシカを結ぶ航路で、乗用車の35%、旅客の4分の1を占めている。

貨物・乗用車/旅客とのバランスについていえば、地中海航路は英国航路とスカンジナビア・バルチック海航路との中間にある。ギリシャ関係航路はトレーラの比重が大きいが、最大の貨物輸送航路はシチリア/北イタリア間である。

主要な島嶼間航路では成長が停滞しているが、中小航路の大半は著しい急成長を示している。例えばイタリア/アルバニア航路は旅客70%、貨物50%の伸びが見られる。

イタリア/ギリシャ航路は地中海航路の中で最も急速な発展を示し、最も興味深い航路である。

1990年代に建造された新鋭RoPax10隻と貨物積載量の大きい旧型船6隻が就航している。

 

1.2.3 輸送対象構成の変化と他の船種や輸送形態との競合

RoPaxで輸送する貨物/旅客/乗用車の比率をどう選ぶかはきわめて複雑な問題で、航路のいずれかの端における旅客・貨物輸送需要のみで決まるものではなく、他の船種や他の輸送形態との競争も関わってくる。季節性の間題へのオペレーターの対処が決定的に重要である。大抵の航路では旅客は観光客であり、季節的変動が大きいからである。これに対応するために、RoPaxフェリーと組み合わせて高速フェリーで夏場の需要増に対処するという手法が採用される。

RoPaxに対する競争はさまざまな形態で生じる。貨物は在来型のRoRo船が輸送したり、あるいは水上を横断する必要がなければ鉄道やトラックが陸路で運ぶ。旅客は空路、鉄道、道路交通によっても輸送されるが、最も重要な競合相手は旅客専用フェリーである。

船舶の選択とその詳細設計は、旅客と貨物の比率により決まる。貨物車は大型で、乗用車よりはるかに広いスペースを必要とする。短距離の、日中で終わる横断航海であれば、トラックの運転手にとっても乗用車の搭乗者にとっても船室は必須の設備ではない。さらに短距離であれば、娯楽や特に高い質の設備を提供する必要もなく利用者の主な関心は迅速に乗り降りすることにあり、したがって小型船が好まれる。一方、中距離の航海では、レストラン、バー、映画、質の高い設備がきわめて重要になってくる。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
826位
(31,138成果物中)

成果物アクセス数
11,689

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年5月25日

関連する他の成果物

1.平成12年度 技術開発基金による研究開発報告書
2.The Northern Sea Route The Shortest sea route linking East Asia and Europe
3.欧州におけるショピング・ファイナンス調査
4.欧州船舶管理会社の調査-船舶管理の観点からの舶用機器メーカーの目指すべき方向の検討-
5.インドネシアにおける造船用資機材調達の現状及び将来に関する調査
6.米国造船業の集約化に関する調査
7.東南アジア造船関連レポート19
8.ポーランド造船業の現状と展望
9.欧州における舶用工業企業の合併・買収に係る調査
10.米国における軍事技術の舶用工業への転化の実態・調査報告書
11.米国海運業(貨物輸送)のM&Aに関する調査報告書
12.豪州の海洋レジャー産業の現状
13.ジョーンズ・アクトに関する調査報告書(米国の内航海運等保護制度)
14.米国における海賊対策等に関する調査報告書
15.欧州における主機関の動向調査?ディーゼルエンジン・ガスタービン
16.中国造船業の概況
17.アジア市場におけるアセアンフェリー導入支援調査
18.環境にやさしい船舶と舶用機械設計の実際に関する調査報告書
19.米国における舶用エンジンからの排ガス規制に関する実態調査
20.東南アジア造船関連レポート20
21.タイ国におけるモーダルシフトに伴う新規造船需要に関する調査報告書
22.東南アジア・オセアニア地域海事事情調査
23.定期メンテナンスのお知らせパンフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から