日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

「海洋科学から見る水惑星の多角的視点にたつ基礎研究」研究報告書

 事業名 海洋科学から見る水惑星の多角的視点にたつ基盤研究
 団体名 日本科学協会 注目度注目度5


福田正己(1996):『極北シベリア』、194(岩波書店東京)

福田正己(1997):「アラスカの永久凍土と地下氷」(総説)、『地理』、48:28-33

福田正己(1997):「第5章 永久凍土」、55-68、(福田正己、香内晃、高橋修平:『極地の科学』、北海道大学図書刊行会、札幌)

Harada, K., Wada, K. and Fukuda, M. (1998): "Permafrost Mapping by Transient Electromagnetic Method", EOS Supplement AGU, F273.

Fukuda, M. (1998): "Changes of Permafrost Dynamics" abstract of 49th Arctic Science Conference, Fairbanks, 88.

福田正己(1999):シベリアタイガの破壊が何をもたらすか、科学、69、568-571。

福田正己(1999):シベリアと地球環境問題、岩波地球環境講座 第8巻、175-205。

福田正己(1999):シベリア永久凍土地域の森林破壊と温暖化ガス、北海道の林木育種、42、4-9。

福田正己(1999):タイガの森林火災が地球温暖化へ与える影響の研究、食文化・科学及び地球環境科学に関する研究助成、研究紀要、12173-178、アサヒビール学術振興財団

M. Fukuda, V. Rusakov and A. Fedorov (1999): Temperature and Methane profiles in Permafrost in Taiga region near Yakutsk. Proceedings of 7th Joint Siberian Permafrost Stuy bewteen Japan and Russia, 125-131

M. Fukuda (1999): Influence of Boreal Forst Fire in Siberian Permafrost Region to Future Global Warming. in Special Reports on the Regional Studies of North-East Eurasia and North Pacific in Hokkaido University, 85-93.

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
128位
(35,539成果物中)

成果物アクセス数
109,980

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2023年2月4日

関連する他の成果物

1.「海洋科学から見る水惑星の多角的視点にたつ基礎研究」研究報告書? Q&A集
2.環境シンポジウム1999千葉会議 参加者募集リーフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から