日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

「海洋科学から見る水惑星の多角的視点にたつ基礎研究」研究報告書

 事業名 海洋科学から見る水惑星の多角的視点にたつ基盤研究
 団体名 日本科学協会 注目度注目度5


6.2 熱塩循環

鉛直面内の循環が重要なので、奥行きの薄い水槽を使い、太平洋の南北断面を表現する。このモデルでは、地球の自転は扱わない。南極海に対応する片方の側壁を冷却して、強制的な沈降を発生させ、鉛直面内の循環の様子を流れの可視化で示す。

 

7. 大気大循環

大気大循環の原動力は、緯度方向の温度差である。すなわち、地球が球面で、太陽光線が主に赤道の上空から降り注ぐため、高緯度の地表面が受ける日射エネルギーが低緯度に比べて小さく、その結果、大気の暖まり方に緯度による不均一が生じる。その結果、図10に示すように、低緯度の大気が膨張して

 

045-1.gif

図10 空気の積もり方

 

上空まで延び、同じ高さの空気の積もり方を高緯度と低緯度に比較すると、高緯度のほうが、その高さより上に空気が沢山積もっているために、その加重で気圧が高くなる。その結果、同じ高さでみると、南北方向に気圧差が発生し、空気を高緯度側に押すわけだが、西風が発生して、それに伴う南向きのコリオリの力がこの力に対抗するように働くようになる。しかし、西風は不安定で南北に蛇行し、それに伴って高低気圧が生まれる。そして、高低気圧の移動に伴って天気が変化する。日本など中緯度帯になる国の天気が西から東に変化するのは、このような仕組みによる。

偏西風の蛇行は地球規模で生じるので、簡単に観察するというわけにはいかない。しかし、回転水槽を用いることによって、上に述べたような現象を再現することができる。同心の三重の円筒容器を用いて、それぞれの区画に、中心部は冷水、中間部は水道水、外側の区画には温水を入れ、一定の回転数で回転させる。すると、図11に示すような蛇行する流れが水面に形成され、その内側に高気圧、外側に低気圧の渦が発生する。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
128位
(35,367成果物中)

成果物アクセス数
109,684

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年12月3日

関連する他の成果物

1.「海洋科学から見る水惑星の多角的視点にたつ基礎研究」研究報告書? Q&A集
2.環境シンポジウム1999千葉会議 参加者募集リーフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から