日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

私たちの乳児保育

 事業名 保育事業の振興並びに保育者の資質向上
 団体名 日本保育協会 注目度注目度5


乳児を担当する保育者は複数になるので、詳細に記録し正確に理解して、個々を大切にしながら保育する重要性を感じています。

 

保育環境(人的、物的)

0歳児は低月齢児と高月齢児を9人ずつ18人の子どもたちを3人ずつ6人の保育者で、1歳児は21人の子どもたちを5人の保育者で構成したクラスで運営しています。

他に主に乳児の養護面、栄養面を指導、管理している看護婦が一人配置されていて、子どもたち一人ひとりの心身の発達を見守っています。体調不良児が出たときなど経験上から的確に判断し、その後の指導をしたり、降園まで心細い思いをしている子どもに付き添ったりと頼もしく安心できる存在です。

一日の流れは登園、着替え、遊び、体操、おやつ、遊び、給食、午睡、おやつ、遊び、着替え、順次降園ですが、0歳児の午睡は早く目覚めた子どもよりフリールームで遊びます。0歳低月齢児は睡眠時間が一定していない時期は個々に合わせて遊び、睡眠、食事をすすめています。

一応の流れはありますが、その日の体調や家庭での状態(保護者との関わりや親密度、睡眠時間)などにより機嫌が違うこともありますので、年齢が低いほど、その欲求が満たされるよう保育者が一対一で関わりを持ち、情緒を安定させることもあります。

一時預かり児が入った時はもちろんですが、こういう時もフリーの保育者が子どもと一対一で関わりを持ちながら、クラスの中に自然と入っていけるよう配慮しています。

最近は家庭での生活が不規則気味である上に、善悪のけじめがついていない子どもが多く、思いどおりにならないと大声で泣いて自分自身をセーブできず、また他児にかまわれるのを嫌がるので、落ちつくように抱っこやおんぶなどをして、スキンシップを持つよう心がけています。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
440位
(33,823成果物中)

成果物アクセス数
25,112

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年12月4日

関連する他の成果物

1.保育所保育・保健研修セミナー(東京開催分)実施要綱
2.保育所保育・保健研修セミナー(東京開催分)テキスト
3.保育所保育・保健研修セミナー(大阪開催分)実施要綱
4.保育所保育・保健研修セミナー(大阪開催分)テキスト
5.保育所子育て相談推進セミナー(東京開催分)実施要綱
6.保育所子育て相談推進セミナー(東京開催分)テキスト
7.保育所子育て相談推進セミナー(大阪開催分)実施要綱
8.保育所子育て相談推進セミナー(大阪開催分)テキスト
9.保育所子育て相談推進セミナー実施結果について
10.札幌市平成12年度子どもの感性を育てる表現研修会開催要項・テキスト
11.滋賀県平成12年度子どもの感性を育てる表現研修会実施要項・テキスト
12.京都市平成12年度子どもの感性を育てる表現研修会実施要項・テキスト
13.平成12年度子どもの感性を育てる表現研修会の実施結果について
14.保育所保育・保健研修セミナー実施結果について
15.大阪平成12年度子どもの感性を育てる表現研修会実施要項・テキスト
16.日本人のライフサイクル変化に関する研究
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から