日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

情報誌「さぁ、言おう」2001年1月号

 事業名 高齢者のためのボランティア普及啓発活動
 団体名 さわやか福祉財団 注目度注目度5


【10月25日】

グループホームT家見学。JR大宮駅からバスで約15分、N神社下車。徒歩3分。2000年5月に浦和から移転したT家は、こぢんまりとした二階建て。丁度昼食後の団らんのひととき。入居者は男子4名、女子14名。説明役のWさんのお人柄もさることながら、終始よそゆきでない和やかな雰囲気で、養護ホームのような感じがあった。

(山村)

 

介護相談員養成事業着々と…

「NPO促進税制に関する有識者会議」発起人委員会開催

ふれあい社会づくりグループ

 

【10月2日】

介護相談員養成事業実行委員会で、運営体制について、4団体共同による打ち合わせ会議を13時30分から開催。当日は、「介護保険市民オンブズマン機構・大阪」の柳原、田邉氏、長寿社会文化協会鷹野氏と奈良の打ち合わせ。終了後、厚生省(厚生労働省)介護保険課高井課長と。

(奈良)

 

【10月3日】

午後、島根県庁から「ふれあい切符」を含む地域通貨についてのヒアリング調査に佐伯、阿部氏が来所。なお、本件に関しての自治体やマスコミの問い合わせは多く、10月19日には、介護相談員養成事業研修会場(新宿区戸山サンライズ)で、北海道はニセコ町小貫氏ら3名とも面談。島根県庁からは、後日、ふれあい切符を推進していきたい旨のご連絡をいただくと共に、同県のボランティアに関するデータを頂戴する。

(奈良)

 

【10月5日】

9時30分より「NPO促進税制に関する有識者会議」発起人委員会を開催(関連→P14特集及び本誌付録版1月号ニュース&にゅーす)。以降、呼びかけ文の確認、賛同者リストの発起人提示による重複チェック、発送など、月末には、ふれあいGを含む財団内は混乱の極致!?

(奈良)

 

【10月9〜12日】

前日に仙台経由で介護相談員養成研修のため福岡入り。全労済のご協力を得て低廉の価格で会場をご協力いただき、参加者は福岡広域連合の88名を含む100名。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,164位
(34,938成果物中)

成果物アクセス数
2,400

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年8月13日

関連する他の成果物

1.情報誌「さぁ、言おう」2000年4月号
2.情報誌「さぁ、言おう」2000年5月号
3.情報誌「さぁ、言おう」2000年6月号
4.情報誌「さぁ、言おう」2000年7月号
5.情報誌「さぁ、言おう」2000年8月号
6.情報誌「さぁ、言おう」2000年9月号
7.情報誌「さぁ、言おう」2000年11月号
8.情報誌「さぁ、言おう」2000年12月号
9.情報誌「さぁ、言おう」2001年2月号
10.情報誌「さぁ、言おう」2001年3月号
11.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年4月号
12.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年8月号
13.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2001年1月号
14.情報誌「さぁ、言おう」2000年10月号
15.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年11月号
16.LRT高速運転用信号システムの開発事業研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から