日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

情報誌「さぁ、言おう」2001年1月号

 事業名 高齢者のためのボランティア普及啓発活動
 団体名 さわやか福祉財団 注目度注目度5


心と教育 学校の新しいかたち

家庭部と地域の協力

山形県立米沢工業高等学校

(取材・文/有馬正史)

 

「車イスに乗って楽しかったですが、これが毎日いつも続くと思うと大変だと思いました。それも手や足が不自由だともっと大変なのではないでしようか。私は、全然お手伝いができなかったような気がします。それよりもっとおじゃまになったのではないかと心配です。園内のトイレや訓練室などの設備、自分でできるようになる訓練(リハビリ?)、とても大切なことだし、私は希望に向かって社会復帰を一日でも早くしてほしいと思います。また今度、訪問させていただけたら、今度はもっとお役に立ちたいです」

この作文は、米沢工業高校家庭部の生徒が、梓園(重度身体障害者施設)を訪問した時の感想文(一部抜粋)である。家庭部顧問の我妻典子先生(家庭科教諭)は、「家庭部は、99年にできたばかりで、まだ、愛好会の位置付けなんです。県内最古の歴史ある工業高校なので、男子の入学が多いのですが、近年マテリアル系(工業化学、染織デザイン)に、女子も多く入って来るようになり、在校生911名のうち、女子生徒が231名。そこで、生徒の希望を踏まえて、家庭部を作ったわけです。家庭部員は、女子のみ16名です。今年度(2000年度)の6月から、地域活動に取り組むようになりました。自己中心的な子供たちが増えてきている中で、これからは、同じ地球に生まれた人間として、何かできないかを考えてほしい。ボランティア体験学習をして、自分の将来とクロスして考えられる生徒も出てきています」と話してくれた。

ボランティア体験学習のきっかけは、山形県内の高校の家庭部会で、NPO法人ほほえみサービス米沢の専務理事柴田信子さんの講演を聞いたことだという。高校から車で5分程のところにほほえみサービスがあることも知って、早速、連絡を取ったとのこと。柴田さんにも話を伺った。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,225位
(33,823成果物中)

成果物アクセス数
2,193

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年12月4日

関連する他の成果物

1.情報誌「さぁ、言おう」2000年4月号
2.情報誌「さぁ、言おう」2000年5月号
3.情報誌「さぁ、言おう」2000年6月号
4.情報誌「さぁ、言おう」2000年7月号
5.情報誌「さぁ、言おう」2000年8月号
6.情報誌「さぁ、言おう」2000年9月号
7.情報誌「さぁ、言おう」2000年11月号
8.情報誌「さぁ、言おう」2000年12月号
9.情報誌「さぁ、言おう」2001年2月号
10.情報誌「さぁ、言おう」2001年3月号
11.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年4月号
12.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年8月号
13.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2001年1月号
14.情報誌「さぁ、言おう」2000年10月号
15.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年11月号
16.LRT高速運転用信号システムの開発事業研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から