日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

情報誌「さぁ、言おう」2000年4月号

 事業名 高齢者のためのボランティア普及啓発活動
 団体名 さわやか福祉財団 注目度注目度5


(追伸)いつも固定観念にとらわれないさまざまな提案を興味深く拝見して、勉強になっています。NPOをめぐる情報も理念的なことから実務まで、各方面で役立っています。「国際化」も大切なキーワードと考えています。

 

ご意見、感謝します。

私は『個の自立という基本的価値観』確立へと向かう世界の傾向とその意義について述べましたが、それにも異論がありますか? 私は、あなたの意見に異議はありません。

 

公的介護保険「契約社会」について

諸岡敏次さん 54歳 三重県

元来、私たち日本人は「措置」制度、つまりお上から施しを受けることを福祉であると考えてきました。しかし、介護保険制度が始まり、「措置」から「契約」に変わります。

この事は本当に喜ぶべき事でしょうか。不安はありませんか? なぜなら日本人は契約には不慣れな国民だからです。新聞、テレビに「詐欺」「背任」「違法」行為の記事が載らない日はありません。経済社会の中での行為が多いとはいえ福祉の世界でも無縁とはいえないと思います。

福祉の世界の契約は金銭第一の契約であってはいけません。納得のいく契約には介護の現場で十分な補償と福祉型のオンブズマン制度が必要でしょう。検証なくして将来の“制度の発展”は望めません。介助や介護を伴う契約とは「心の契り」であり「ハートとハートの約束」がなければ成立しません。介護する人、される人、互いに信頼する心、される心がなければ不幸な結果を招く恐れがあります。

ともかく、介護保険は4月にスタートします。今日からでも遅くはありません。決して臆することなく、しかしじっくりと注視を怠らず、「契約社会」の本質を理解する努力が将来の福祉社会の発展と希望をもたらしてくれるでしょう。

 

他人やお上に任せっぱなしでは幸せになれません。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,785位
(34,690成果物中)

成果物アクセス数
2,910

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年6月25日

関連する他の成果物

1.情報誌「さぁ、言おう」2000年5月号
2.情報誌「さぁ、言おう」2000年6月号
3.情報誌「さぁ、言おう」2000年7月号
4.情報誌「さぁ、言おう」2000年8月号
5.情報誌「さぁ、言おう」2000年9月号
6.情報誌「さぁ、言おう」2000年11月号
7.情報誌「さぁ、言おう」2000年12月号
8.情報誌「さぁ、言おう」2001年1月号
9.情報誌「さぁ、言おう」2001年2月号
10.情報誌「さぁ、言おう」2001年3月号
11.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年4月号
12.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年8月号
13.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2001年1月号
14.情報誌「さぁ、言おう」2000年10月号
15.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年11月号
16.LRT高速運転用信号システムの開発事業研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から