日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

情報誌「さぁ、言おう」2000年4月号

 事業名 高齢者のためのボランティア普及啓発活動
 団体名 さわやか福祉財団 注目度注目度5


コミュニケーションは取れるのに、風呂にはリフトも付いているし、今まで65歳の姉たちが交代で入れていたが、腰痛のために週に1回だけとの依頼。これにも応えられない。

わが家のホームステイのフランスの子供の父親は大学教授で車イス生活。母親は大学より2分の1、州より2分の1の給料をもらって父親のアシスタントをしています。この現状を見ても、日本のボランティアは自立と介護がなぜ2本立てに切り分けられるのか、疑問を持ちます。自分の家のケースとして考えてみてください。自立ではないので介護だから私は知りませんといえるのでしょうか。疑問だらけの現状に立腹するのは私だけでしょうか。

 

プロの介護とボランティアあるいは家族の生活援助・心の交流が両輪として提供されて初めて、心身共に安心して暮らせることになります。

 

記録映画「えんとこ」をご覧になりましたか?

桐規子さん 55歳 千葉県

昨年8月の初め、寝たきりながらボランティアに支えてもらい自立生活をしている遠藤滋さん(52)の日常を記録にした映画「えんとこ」のことを親友から知らされ、下北沢でやっていることがわかりました。車イス生活15年目で初めて電車を利用したばかりだった私には、下北沢(東京)への旅は冒険でしたが、福祉ボランティアグループ「ふれあいネットまつど」のお仲間に付き添っていただけることになり、思い切って出かけました。どの駅でも駅員さんたちが実に親切に助けてくださり、初めの心配はどこへやら、私はほとんどVIPの気分でした。

遠藤さんの生きる姿勢はあっぱれでした。「この映画をぜひ松戸の人々にも…」とふれあいネットまつどのみなさんに自主上映を提案したところ、数名の方が所沢と竹の塚へ観に行ってくださり、「遠藤さんの言う、人と人が互いに命を生かし合う『本当の人のあり方』は、私たちのめざすものそのもの」ということで自主上映が決まり、この小さなグループの必死の準備が進みました。1月15日(土)、いよいよ松戸市民劇場で「えんとこ」が上映されました。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,785位
(34,690成果物中)

成果物アクセス数
2,910

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年6月25日

関連する他の成果物

1.情報誌「さぁ、言おう」2000年5月号
2.情報誌「さぁ、言おう」2000年6月号
3.情報誌「さぁ、言おう」2000年7月号
4.情報誌「さぁ、言おう」2000年8月号
5.情報誌「さぁ、言おう」2000年9月号
6.情報誌「さぁ、言おう」2000年11月号
7.情報誌「さぁ、言おう」2000年12月号
8.情報誌「さぁ、言おう」2001年1月号
9.情報誌「さぁ、言おう」2001年2月号
10.情報誌「さぁ、言おう」2001年3月号
11.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年4月号
12.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年8月号
13.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2001年1月号
14.情報誌「さぁ、言おう」2000年10月号
15.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年11月号
16.LRT高速運転用信号システムの開発事業研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から