日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

情報誌「さぁ、言おう」2000年4月号

 事業名 高齢者のためのボランティア普及啓発活動
 団体名 さわやか福祉財団 注目度注目度5


会員の狩野多美子さんは、10年ほど前に東京から移り住んで来た一人。桐生の街にどうしたらなじめるか」と思い、「かるがもの会」に参加した。関口フミ子さんは、この3年ほど、ほとんど毎回参加している。「子供たちの真剣に取り組む姿勢に教えられることが多い」と言う。また、同じく会員の張本夕加里さんは、「今日は会社を休んで来ました。福祉の仕事に就きたかったので、この活動に参加している」と声も弾む。冒頭の彦部さんは、ボーイスカウトの指導や、県のボランティア普及委員など、幅広く地域に眼を向けている行動派だ。道理で話がうまいはずである。

いよいよ体験学習が始まった。子供たちは、車イスの班とブラインドウォークの班に分かれて、校外に出て行く。そして、タイミングのよい「かるがもの会」の会員のアドバイスを受けて、どんどん車イスの操作やブラインドウォークのサポートがうまくなっていく。「計画は学校が立てたが、実施に当たっては「かるがもの会」がポイントを押さえてくれるので安心して活動することができた」と菊池秀雄校長。一方「かるがもの会」の人たちも、「今回は、会員の参加者が少なかったが、十数人の保護者が協力してくれました。家庭の中で親子の話題にもなるので、保護者の協力はありがたい」と喜んでいた。

「かるがもの会」の人たちは、教育や福祉のプロであった人たちではない。自分たちが役に立てることに生きがいを感じ、活動しているうちに、学校や保護者との信頼が自然に築かれていった。「かるがもの会」、学校、保護者、三位一体の活動で子供たちに思いやりの心が育っていくのを感じた。

 

091-1.jpg

校長先生と共に子供たちも必死に車イスの介助体験

「かるがもの会」の人が率先してブラインドウォークを実践、子供たちへの体験学習を手ほどきしている。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,863位
(34,017成果物中)

成果物アクセス数
2,698

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年1月22日

関連する他の成果物

1.情報誌「さぁ、言おう」2000年5月号
2.情報誌「さぁ、言おう」2000年6月号
3.情報誌「さぁ、言おう」2000年7月号
4.情報誌「さぁ、言おう」2000年8月号
5.情報誌「さぁ、言おう」2000年9月号
6.情報誌「さぁ、言おう」2000年11月号
7.情報誌「さぁ、言おう」2000年12月号
8.情報誌「さぁ、言おう」2001年1月号
9.情報誌「さぁ、言おう」2001年2月号
10.情報誌「さぁ、言おう」2001年3月号
11.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年4月号
12.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年8月号
13.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2001年1月号
14.情報誌「さぁ、言おう」2000年10月号
15.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年11月号
16.LRT高速運転用信号システムの開発事業研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から