日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

情報誌「さぁ、言おう」2000年4月号

 事業名 高齢者のためのボランティア普及啓発活動
 団体名 さわやか福祉財団 注目度注目度5


心と教育 学校の新しいかたち

親が歩けば子も歩く

体験学習ボランティア『かるがもの会』の協力を得て

群馬県桐生市立菱小学校

(取材・文/有馬正史)

 

「みなさん、思いやりというのはね、誰にも迷惑をかけないことなんですよ。だから、足りないところがあればそこだけを手伝えばいいんです。足りない以上に手伝うと自分で何にもしなくなり、かえって迷惑をかけてしまいます」

桐生市立菱小学校の体育館で4年生78名全員がこれから校外に出て、車イスとブラインドウォーク(目隠し歩行)の体験学習を実施しようと整列して座り、「かるがもの会」の彦部雪夫さんの話をじっと静かに聞いている。2月1日、総合的な学習の時間の先取り学習として初めての試みである。

菱小学校では、総合的な学習の時間を「地域を生かして」というテーマで取り組みたいと考えている。4年生の担任の先生3人は、子供たちが自然に人に接することができるようになってほしいと、冬休みの間に計画を考え、桐生市ボランティアセンターに相談した。

そこで、「かるがもの会」を紹介されたのだ。

1996年、桐生市ボランティアセンターが、障害と共生について理解してもらおうと車イスとブラインドウィーク体験を指導する活動を開始。それをきっかけに、「かるがもの会」が設立され、活動を受け継いだ。現在、会長の小林敦子さんのもと、20名の会員がいる。要請があればどこでも引き受けようということで始めた活動だが、学校からの依頼がだんだん増えているという。1999年度は学校だけで18回もの体験学習の要請が来た。「2002年度から施行される総合的な学習の時間に向けて、試行的な体験学習が増えてきたためでしょう。会員数は少ないが学校に限らず、要請があれば応じていきたい」と小林さん。菱小学校のニーズにぴったり合うグループだった。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,877位
(33,823成果物中)

成果物アクセス数
2,665

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年12月4日

関連する他の成果物

1.情報誌「さぁ、言おう」2000年5月号
2.情報誌「さぁ、言おう」2000年6月号
3.情報誌「さぁ、言おう」2000年7月号
4.情報誌「さぁ、言おう」2000年8月号
5.情報誌「さぁ、言おう」2000年9月号
6.情報誌「さぁ、言おう」2000年11月号
7.情報誌「さぁ、言おう」2000年12月号
8.情報誌「さぁ、言おう」2001年1月号
9.情報誌「さぁ、言おう」2001年2月号
10.情報誌「さぁ、言おう」2001年3月号
11.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年4月号
12.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年8月号
13.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2001年1月号
14.情報誌「さぁ、言おう」2000年10月号
15.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年11月号
16.LRT高速運転用信号システムの開発事業研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から