日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

情報誌「さぁ、言おう」2000年4月号

 事業名 高齢者のためのボランティア普及啓発活動
 団体名 さわやか福祉財団 注目度注目度5


社会参加システム推進事業

「広く、薄く、継続的に」

高齢者の支援活動に参加できるシステムづくり

 

堀田 なぜうちの財団が厚生省だけでなく文部省や労働省の認可も望んだかというと、勤労者も学生もみんなが参加しないと新しい社会の仕組みづくりにならないわけです。当初の予想を上回る成果でJリーグや警察官組織などまで広範囲に働きかけてくれてとても頼もしいですね。

和久井 実際、企業さんなどと話していても、この5年間でさわやか福祉財団の理念が社会に実現されつつあるのが実感できますね。

蒲田 JC*への働きかけもやっと形になってきました。ちょうど企業の社会貢献部門ができ始めて10年くらいですが、フィランソロピー部門を応援する意味も含めて日経連や連合との連携強化や外国の事例なども研究して、さらに社会の流れを作っていきたいと思っています。

中村(延) 95年にモデル事業として日本毛織労働組合の一宮支部に働きかけたのが一番最初でした。それが今も続いていると聞くと本当にうれしいですよ。なかなか動いてくれないところもあって苦労もしますが、千葉担当として成田の空港警備隊や機内食の会社、自治会へも働きかけていこうとプランを練ってるところです。

吉田 Jリーグと共催の「サッカーさわやか広場」も法務省からパネラーとして呼ばれたり総務庁の資料に載せてもらったりその他にもジョイントの申し出など社会的な反応が大きくなりました。また親御さんや企業もボランティアで継続的に参加してくれることが増えてきて手応えが膨らんでいます。

有馬 教育も追い風が吹いているので、ここをチャンスに各学校の取り組みを確実にボランティア教育に向けていきます。昨年のスクールボランティアサミットには209名の学校関係者が集まられ、取り組みのヒントを得たと好評でした。特に小中学校の先生の分科会では切実な問題だという感触がひしひしと伝わってきました。

 

 

*JC…日本青年会議所

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,877位
(33,823成果物中)

成果物アクセス数
2,665

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年12月4日

関連する他の成果物

1.情報誌「さぁ、言おう」2000年5月号
2.情報誌「さぁ、言おう」2000年6月号
3.情報誌「さぁ、言おう」2000年7月号
4.情報誌「さぁ、言おう」2000年8月号
5.情報誌「さぁ、言おう」2000年9月号
6.情報誌「さぁ、言おう」2000年11月号
7.情報誌「さぁ、言おう」2000年12月号
8.情報誌「さぁ、言おう」2001年1月号
9.情報誌「さぁ、言おう」2001年2月号
10.情報誌「さぁ、言おう」2001年3月号
11.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年4月号
12.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年8月号
13.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2001年1月号
14.情報誌「さぁ、言おう」2000年10月号
15.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年11月号
16.LRT高速運転用信号システムの開発事業研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から