日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

情報誌「さぁ、言おう」2000年4月号

 事業名 高齢者のためのボランティア普及啓発活動
 団体名 さわやか福祉財団 注目度注目度5


「上から下から横から」、草の根活動を推進する環境づくり

 

公的介護保険で身体を見る形ができるなら、もう一方の軸となる心を支える仕組みも早急に整えなければいけない。そこで、介護保険開始後5年をめどとしたふれあい組織づくり戦略、2005年戦略プロジェクトが98年7月にスタートした。柱となる3つの事業では、まず草の根組織の立ち上げを支えるインストラクター倍増を計画。本年2月末現在で59名となった。また地方自治体へは「ふれあい組織支援プロジェクト」の発足を呼びかけ、99年春には「住民の幸せのために地方自治体は何をすべきか」という提言冊子を全国の市区町村に送付。各地の首長、行政マンに直接、間接に働きかけを行っている。横のつながりとして、社協、農協、生協のいわゆる三協ほか地域でふれあい活動を実質的に行っている組織間の連携もさらに呼びかける。99年5月に開催した初の4者(3協とさわやか福祉財団)共催シンポジウムは大きな反響を呼んだ。されに、ネットワーカーの育成(→ふれあい社会づくり事業)やグループホームの普及(→2000年度 こんな事業を行います)も併せて推進する。温かい社会を求める「時の流れ」を確かなものにするため、一気に多角的な働きかけを行っていく。

 

●主な活動

●インストラクター会議、ブロック会議(99年2月〜2000年2月末現在)7回●自治体研修会(97年7月、98年10月)全2回延べ4日、延べ216名●「住民の幸せのために地方自治体は何をすべきか?」冊子(首長編・職員編)制作、全国自治体に発送(99年3月)●「エイジングメッセin早稲田」(2000年2月。早稲田大学人間総合研究センター、福祉自治体ユニット、エイジングメッセin早稲田実行委員会とさわやか福祉財団の共催)350名●「地域協同推進シンポジウム」(99年5月。全国社会福祉協議会、全国農業協同組合中央会、日本生活協向組合連合会とさわやか福祉財団共催)450名●「これからの福祉を考える会(横浜)」(99年8月設立)他

 

038-1.jpg

 

038-2.jpg

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,865位
(33,950成果物中)

成果物アクセス数
2,694

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年1月15日

関連する他の成果物

1.情報誌「さぁ、言おう」2000年5月号
2.情報誌「さぁ、言おう」2000年6月号
3.情報誌「さぁ、言おう」2000年7月号
4.情報誌「さぁ、言おう」2000年8月号
5.情報誌「さぁ、言おう」2000年9月号
6.情報誌「さぁ、言おう」2000年11月号
7.情報誌「さぁ、言おう」2000年12月号
8.情報誌「さぁ、言おう」2001年1月号
9.情報誌「さぁ、言おう」2001年2月号
10.情報誌「さぁ、言おう」2001年3月号
11.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年4月号
12.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年8月号
13.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2001年1月号
14.情報誌「さぁ、言おう」2000年10月号
15.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年11月号
16.LRT高速運転用信号システムの開発事業研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から