日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

情報誌「さぁ、言おう」2000年4月号

 事業名 高齢者のためのボランティア普及啓発活動
 団体名 さわやか福祉財団 注目度注目度5


コンピュータシステム開発事業

コンピュータは全国にボランティア組織を広める力強い援軍

 

竹下 「さわやかさん」最新版の完成、本当にご苦労様でした。

北崎 ぜひ利用したいと団体のみなさんに言われると感動します。ただ100団体がこのシステムを利用すれば100通りのシステムができるわけで、本来一つのシステムではカバーできないところがあります。そこが苦労のしどころです。

堀田 ソフト開発はボランティア活動普及の大きな手段になると当初から取り組んできました。団体の活動が伸びれば手作業でのマッチングは非効率で間違いも多くなる。団体数が増えればニーズも増えて開発もしやすいし市場にもつながります。今はそこに達するまでの段階でご苦労も多いと思います。

内田 作成が外注なので、どうこちらの意図を伝えるか、そこに反省点がありますね。今後はもっと主体性を持てるようにしたいものです。

岩井 サポート体制の充実やそのための各地の仕組みづくりも重要になりますよ。

会田 今回マニュアルも作成して4月からはサポートも財団のコンピュータグループが中心となって行うことにしました。

岩井 ホームページ上で地方のサポーターを募集したり、より広く、団体サポートの裾野づくりを具体化できるように。

本庄 近隣型のような活動のためのパソコンの使い方のサポートもやってあげたいですね。

北崎 財団のホームページをみなさんの意見を集積する場にしてもらうことも考えていきます。また全国福祉情報ネットワークシステムのようなものを今後、検討していきたいですね。

竹下 この事業はまさに全国の草の根団体支援ですから、活動に必要なさまざまな情報をどう提供する仕組みをつくるか、それが今後の課題ですね。

堀田 いずれは官民連携のコンピュータネットワークの中で、ボランティア活動から医療情報等まですべての要素が網羅されたICカードのようなもの、安心して暮らせる地域システムづくりをめざしているわけです。まだ、そんな壮大な構想の第一歩を踏み出したばかりですが、ぜひがんばっていきましょう。

 

コンピュータシステム開発グループ:V会田晧一朗、V岩井康一、V内田武夫、V北崎弘也、◎竹下知道(日立製作所から出向、事務局長兼務)、V本庄利市

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,877位
(33,823成果物中)

成果物アクセス数
2,665

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年12月4日

関連する他の成果物

1.情報誌「さぁ、言おう」2000年5月号
2.情報誌「さぁ、言おう」2000年6月号
3.情報誌「さぁ、言おう」2000年7月号
4.情報誌「さぁ、言おう」2000年8月号
5.情報誌「さぁ、言おう」2000年9月号
6.情報誌「さぁ、言おう」2000年11月号
7.情報誌「さぁ、言おう」2000年12月号
8.情報誌「さぁ、言おう」2001年1月号
9.情報誌「さぁ、言おう」2001年2月号
10.情報誌「さぁ、言おう」2001年3月号
11.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年4月号
12.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年8月号
13.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2001年1月号
14.情報誌「さぁ、言おう」2000年10月号
15.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年11月号
16.LRT高速運転用信号システムの開発事業研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から