日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

情報誌「さぁ、言おう」2000年4月号

 事業名 高齢者のためのボランティア普及啓発活動
 団体名 さわやか福祉財団 注目度注目度5


介護保険はどう動く?

これからが町医者の出番です!

介護保険は医療不信を解く好機に

自治体はもっと創意工夫を

 

019-1.jpg

ふだん着のまま診察するのが黒岩流

 

ゲスト

「在宅ケアを支える診療所全国ネットワーク」代表

黒岩卓夫さん(くろいわたくお)

1937年長野県生まれ。58年東京大学医学部卒。ゆきぐに大和総合病院院長に就任を経て「浦佐萌気(もえぎ)園診療所」を開設、医療法人社団)・萌気会理事長。95年「在宅ケアを支える診療所全国ネットワーク」代表に。

 

新潟県・魚沼盆地の北端に位置する大和町・浦佐(うらさ)。「かかりつけ医」を自認する黒岩医師は、毎日、午後から往診に出かける。雪国に暮らす人々と苦楽を共にし、命を守る活動を続けて三〇年。保健・医療・福祉の三つを一体化した地域医療の先駆的モデルとされる「大和方式」を編み出した黒岩さんは、介護保険の運用や高齢者ケアのあり方についてこう注文を付ける。

(聞き手/鎌田穣)

 

心のこもったネットワークこそ

先生は一九八七年に出された『地域医療の冒険』という本の中で、山本周五郎の『赤ひげ診療譚』を引き合いに出して、保健(健康の維持)と医療行為、福祉活動は切り離すことのできないものだと主張されていますね。三位一体の考え方で、七六年にスタートした『大和医療福祉センター』はその実例だと伺っています。介護保険制度では、これがキーワードになると思いますが…。

 

確かに「大和方式」は高齢者介護を念頭に置いた先駆的なケースで、歴史的な意味はあったと思います。ただ、これからは介護保険制度がいい意味で市民の中に入っていく時代ですから、大和方式が制度として万全かといえば、必ずしもそうとはいえない。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,877位
(33,823成果物中)

成果物アクセス数
2,665

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年12月4日

関連する他の成果物

1.情報誌「さぁ、言おう」2000年5月号
2.情報誌「さぁ、言おう」2000年6月号
3.情報誌「さぁ、言おう」2000年7月号
4.情報誌「さぁ、言おう」2000年8月号
5.情報誌「さぁ、言おう」2000年9月号
6.情報誌「さぁ、言おう」2000年11月号
7.情報誌「さぁ、言おう」2000年12月号
8.情報誌「さぁ、言おう」2001年1月号
9.情報誌「さぁ、言おう」2001年2月号
10.情報誌「さぁ、言おう」2001年3月号
11.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年4月号
12.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年8月号
13.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2001年1月号
14.情報誌「さぁ、言おう」2000年10月号
15.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年11月号
16.LRT高速運転用信号システムの開発事業研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から