日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

平成12年 介護員等福祉関係職員の労働条件に関する総合的調査研究

 事業名 人事行政に関する調査研究
 団体名 日本人事行政研究所 注目度注目度5


以下、各年代別にみる。

 

(1) 採用年

「ちょうど良い」が53.7%と最も多いが、「高い」も12.5%あり、初任給水準に対して、高いとの不満を抱いている施設の長もやや多い。

施設の種類別にみると「ちょうど良い」とする施設長がいずれの施設においても最も多くなっているが、その中で「養護老人ホーム」、「(重度)身体障害者授産施設」、で「ちょうど良い」とする割合が比較的低く、その分「低い」と認識する者が多い傾向がみられる。

「特別養護老人ホーム」に限ってみると、「ちょうど良い」が50.5%と全施設より低くなっている施設の規模別でみると、規模が小さいほど給与水準が高いとする割合が高く、逆に規模が大きいほど低いとする割合が高い。設立後年数別でみると、「5年未満」において「ちょうど良い」が他の年齢階層よりかなり低く、その分低いと認識する施設長の割合が高くなっている。

 

(2) 25歳

「ちょうど良い」が全体でみて57.0%と全年代の中で最も高い。また、「高い」と認識する施設長の比率は全年代の中で最も低い。

施設の種類別でみると、「(重度)身体障害者授産施設」が「ちょうど良い」が34.8%と他の種類に比べて格段に低く、一方「低い」とする者が52.2%と非常に高いのが特徴的である。逆に現状でよいとする意識が強いのは「身体障害者療護施設」、「養護老人ホーム」である。

施設の規模別、設立後年数別でみて階層間での違いは少ない。

「特別養護老人ホーム」に限って、施設の規模別にみると、「101人以上200人以下」で「ちょうど良い」が非常に高いのが特徴である。設立後年数別では、「5年未満」で「ちょうど良い」が4分の1しかなく、そのかわり「低い」と認識する者が5割に達している。

 

(3) 35歳

25歳と比べ、「ちょうど良い」がかなり減って5割を割り、その分「低い」と認識する施設長がかなり増加した。

施設の種類別では「(重度)身体障害者授産施設」で「ちょうど良い」が少ないのが目立っており、そのかわり「低い」との認識、特に「やや低い」でなく「低い」との認識が多いのが特徴である。

施設の規模別、設立後年数別にみても、さしたる特徴はみられない。「特別養護老人ホーム」についても特記すべき点はない。

 

(4) 45歳

すべての年代を通じて「ちょうど良い」の割合が最も低く、一方、「低い」との認識が最も高い。30歳代、40歳代に対しては、施設長として労働実態と賃金水準との間に均衡がとれておらず、もっと処遇を改善すべきと考えていることが窺われる。

施設の種類別では、依然として「(重度)身体障害者授産施設」で賃金水準が低いとの認識を示す施設長が多いが、「知的障害児施設」においても賃金水準が高くないとする施設長が多いことが目立っている。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,563位
(32,471成果物中)

成果物アクセス数
5,810

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年8月8日

関連する他の成果物

1.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
2.民間からみた21世紀に期待される公務員像(2)
3.少年消防クラブ員手帳
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から