日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

平成12年 介護員等福祉関係職員の労働条件に関する総合的調査研究

 事業名 人事行政に関する調査研究
 団体名 日本人事行政研究所 注目度注目度5


(2) 夜勤を行う職員のいる施設について、その職種を尋ねたところ、「寮母(父)」は93.5%とほとんどの施設で挙げているのに対し、「指導員」を挙げた施設の比率は16.0%であった。

月当たりの夜勤の回数は、回答があった165施設の1人当たりの平均で月に4.4回であり、最小回数は1回、最大回数は8回となっている。また、夜勤時の人数は同じく平均で3.0人、最小人数1人、最大人数10人となっている。(第26図、第5表)

 

第26図 夜勤を行う職員(複数回答)

013-1.gif

 

第5表 一人当たりの夜勤回数及び一夜勤の人数体制

013-2.gif

 

5 職業性疾患

 

(1) 介護業務に従事する職員で介護業務を原因とした職業性疾患としての「腰痛」を訴える職員の有無について尋ねたところ、112施設(回答があった施設の55.7%)と過半数の施設でその訴えがあった。(第27図)

 

第27図 介護業務を原因とした腰痛の発生状況

013-3.gif

 

(2) 重ねてその原因となった業務について具体的に尋ねたところ、「入所者の移動・移乗(ベッド、車椅子等)介助」、「排泄介助(オムツ交換)」、「体位交換」、「入浴介助」等が圧倒的に多く、その他「転倒防止の身体支え」、「衣類の着脱」等が掲げられている。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,527位
(31,092成果物中)

成果物アクセス数
5,651

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年5月18日

関連する他の成果物

1.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
2.民間からみた21世紀に期待される公務員像(2)
3.少年消防クラブ員手帳
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から