日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

心学が拓く二十一世紀の日本

 事業名 心学開講270年記念シンポジウムの開催
 団体名 心学参前舎 注目度注目度4


また、シンポジウムの場でも触れましたが、ユナイテッド・テクノロジーという会社が、一言も自社の広告をしないで新聞に意見広告を載せていました。ちょうどアメリカが、いわゆる「双子の赤字」に苦しんでいる一九八六年から八七年頃のことです。「今、アメリカは苦しんでいるが、こういう苦しいときにこそ人としての正しい道を歩まねばならない」というメッセージがこめられていました。日本ではこのような広告にお目にかかったことがありません。アメリカ人の心の広さに胸を打たれました。

さらに、最近アメリカのレストランで食事をすると、食べきれなかった分を箱に入れて持ち帰れるようにしてくれます。昔の日本ではよくある光景でしたが、今は食べ散らかして帰ります。祖父から聞いた話ですが、アメリカのある大統領が当時の日本の食生活について、感心して次のように言ったそうです。「アメリカの食事は最初から個々人のお皿に取り分けて出すから、残したら捨てなければならない。日本の場合、大鉢や大皿から自分が必要な分だけ取って食べるから無駄が出ない」。今は、「もったいない」と思う心も、日本とアメリカで逆になってしまったようです。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
455位
(34,720成果物中)

成果物アクセス数
24,717

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年7月2日

関連する他の成果物

1.シンポジウム案内
2.シンポジウム次第
3.シンポジウムレジメパンフレット
4.「心のまなび」第25号
5.写真記録(丹の街NO.47)
6.能装束、唐織写真
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から