日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

COMPASS No.36

 事業名 国際的海上保安業務の推進
 団体名 海上保安協会 注目度注目度5


明治維新前後の米欧先進諸国調査について

 

(財)海上保安協会常務理事

下江旭

 

042-1.jpg

支倉常長の銅像の前で(アカプルコ)

 

1. かつて、大型巡視船の長期航海訓練の途路、メキシコ国アカプルコ港に寄港したことがある。林立するホテル群に抱えられるような広く美しいビーチから少し外れたところに、宮城県知事、仙台市長等の建立による支倉常長の銅像があった。

碑文によると、伊達藩士支倉常長一行が、1614年、日本人として始めて太平洋を横断して、この地に上陸したのを記念する碑である。しかも、私達も苦労して横断してきたこの太平洋を、関ヶ原の戦い(1600年)からわずか十数年後に横断しこの地に立ったのみでなく、その目的地が私自身未だ見たこともないヨーロッパであったということに驚き、その時代背景等にも興味を覚えたところであった。

2. そのヨーロッパを、日本財団補助事業の「先進諸国海上保安体制調査」の調査員として訪問する機会を得た。

平成9年度は、アイルランド、スペイン両国調査のため英国のロンドン(アイルランドヘの経由地であるため併せ調査)、アイルランド国ダブリン及びスペイン国のマドリッド、バルセロナの各都市を、平成10年度はフランス国パリ及びイタリア国ローマを訪問し、そして、今年度はドイツ国のボン及びハンブルクを訪ねた。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,026位
(32,382成果物中)

成果物アクセス数
4,060

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年7月4日

関連する他の成果物

1.平成11年度国際的海上保安業務の推進事業報告書 ?先進諸国海上保安体制調査ドイツ?
2.COMPASS No.37
3.舶用工業の需要動向調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から