日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

COMPASS No.36

 事業名 国際的海上保安業務の推進
 団体名 海上保安協会 注目度注目度5


国際会議の動向

 

第1回日韓海上保安当局間長官級協議の開催について

 

本庁総務部国際課国際協力係主任

古田佳也

 

1. はじめに

98年10月の金 大圓韓国海洋警察庁長の提案により、当庁の韓国におけるカウンターパート機関である同庁との間で、「第1回日韓海上保安当局間長官級協議」が本年4月29日に仁川市(韓国)において開催された。

海上保安庁長官の韓国関係機関訪問は今回が初めてであり、これまでもどちらかと言えば懸案事項が多かった対韓国関係ではあるが、韓国担当をして3年目になる私にとっても大変大きな業務となった。

3日間という短い期間ではあったが、今回の訪韓は、今後の両機関、更には両国間にとっても大変有意義なものであり、地理的のみならず、実質的に近い関係になったものと実感している。

今回はこの場を借りて、約半年間いろいろ調整していく過程において、率直に私自身が感じたことを中心に書き、継続して行われることとなった本協議の今後の開催に少しでも参考になればと思う。

 

2. 訪問日程等

今回の会談については、提案が韓国側ということもあり、韓国で開催されることで調整された。当初は、会談に併せて巡視船の訪韓も挙げられ、韓国最大の港湾都市である釜山市において開催される計画も挙がったが、最終的には第1回ということもあり、両長官同士の協議を主と考え、海洋警察庁の本庁が所在する仁川市において開催し、協議終了時に両機関の協力に関する文書へ署名を行うという韓国側の提案を受ける形となった。(仁川市は、首都ソウルより西に車で1時間程に位置しており、昔マッカーサーが上陸した地としても有名な港湾都市である。)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,026位
(32,382成果物中)

成果物アクセス数
4,060

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年7月4日

関連する他の成果物

1.平成11年度国際的海上保安業務の推進事業報告書 ?先進諸国海上保安体制調査ドイツ?
2.COMPASS No.37
3.舶用工業の需要動向調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から