日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

LRT高速運転用信号システムの開発事業研究報告書

 事業名 LRT高速運転用信号システムの開発
 団体名 日本鉄道電気技術協会 注目度注目度5


5.5.3. 乗降パターンを変化させた場合の利用者の視点からの評価

各停留所の混雑率の推移状況に関して、乗降パターンaの場合を図-5.5.5に示す。

図-5.5.5は、在来車もLRVも殆ど同一で、混雑率も100%程度である。

乗降パターンbの場合の混雑率を図-5.5.6に示す。

077-1.gif

図-5.5.5 乗降パターンaにおける混雑率推移図

 

077-2.gif

図-5.5.6 乗降パターンbにおける混雑率推移図

図-5.5.6よりC停留所までは在来車もLRVも同一であるが、D停留所で在来車が大幅に遅れたので、大差がつき、混雑率が200%近くになっている。この在来車の乗降パターンのように乗降客の多い停留所において遅れがあると、益々遅れが増大する。それに対してLRVは高速化、高加減速化の特性を活かしかなり回復している様子が伺える。しかし、交通信号の影響を考慮に入れた本シミュレーションでは、LRVといえども、交通信号機の赤信号に阻まれ、なかなか回復できず、特に下りにその傾向が顕著に現れている。

 

5.5.4. 乗車係数を変化させた場合のシミュレーション

前項では、旅客流動と交通信号の両者の影響による総合シミュレーションを行ったが、この場合も1人当たりの乗車係数p=1.2として実施した。そこで、総合シミュレーションにおいて乗車係数pを変化させた場合についても検討した。この場合、中間のD停留所での乗降人員が多い乗降パターンbにおいて、p=1.5の場合のみについて検討した。

そのシミュレーション例として在来車を始発で80秒遅延させ、p=1.5の場合を図-5.5.7に、LRVを遅延させ、p=1.5の場合を図-5.5.8にそれぞれ示す。

これらの図と図-5.5.3および5.5.4を比較してみると、上りに対しては、在来車の場合、乗車係数p=1.2でもp=1.5でも大きな変化はなく、その優位性は確認、されない。

上りのLRVの場合、乗車係数p=1.2では、高性能化の効果があり、回復には至らないまでも、ダンゴ運転の解消に貢献している。しかし、乗車係数p=1.5では、C停留所で、乗車時秒の増大からスルーバンドを外れ、信号待ちとなったのをきっかけに、在来車と同様なダンゴ運転となっている。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
483位
(35,139成果物中)

成果物アクセス数
23,998

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年9月24日

関連する他の成果物

1.事業完了報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から