日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

LRT高速運転用信号システムの開発事業研究報告書

 事業名 LRT高速運転用信号システムの開発
 団体名 日本鉄道電気技術協会 注目度注目度5


5. LRT高速運転用信号システムのシミュレーションによる評価

 

LRT高速運転用信号システムの実用上の諸問題を実システムで確認することは困難なため、車両の走行シミュレーションにより評価することとした。本章では、本信号システムの評価用に開発したシミュレータを使用しての評価について論ずる。

 

5.1 車両走行シミュレータの機能と評価項目

 

5.1.1 車両走行シミュレータの機能、性能

LRTシミュレータは、LRVや一般の路面電車、自動車等一度に6車両の運転状態をシミュレーションでき、それぞれの車両の走行状態を一定周期(一般的には2秒周期)で、位置、速度を計算・記録し、記録データから横軸を時間、縦軸を距離とした「S曲線」、横軸を距離、縦軸を速度とした「走行曲線(通称ランカーブ)」等で表示し、検討するものである。

LRVのシミュレーションを実施する場合、専用軌道なら、ただ単に、列車の走行シミュレーションを行えば良い。しかし、併用軌道では、交通信号の制御下で運転されるから、交通信号の制御管制下に入る。よって、交通信号制御のシミュレーションも必要である。

また、LRV、路面電車、自動車とも運転者による「目視運転」がベースである。そこで、すでに開発済みの移動閉そくシミュレータを改良し、活用した。このLRTシミュレータの機能・性能の概要を表-5.1.1に示す。

表-5.1.1シミュレータの機能概要

052-1.gif

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
483位
(35,139成果物中)

成果物アクセス数
23,998

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年9月24日

関連する他の成果物

1.事業完了報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から