日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

造船現図指導書?数値現図?

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


[図2.1.23 船体曲面モデル]に見るように3次元断面線によるワイヤフレームモデル:線モデルは、パッチで綴られたサーフェスモデル:面モデルとなる。

 

034-1.gif

図2.1.23 船体曲面モデル

 

水槽試験用のモデルをNCで削り出そうとすれば、切削面に当たる回転カッターの軸は曲面の法線となるから、[図2.1.24 NC曲面切削]のように、工具交換機能付きの多軸構成となり、その制御には面データを持つ数値モデルを必要とする。単に3次元座標データだけでは点移動の線しか削れず、細かく補間しても段々畑の形状は残る。

なお、数値モデル化には、さらにソリッドモデル: 立体モデルがあるが、造船では使われない。線には太さがなく、面には厚さがなく、立体には中身が詰まっている表現であるが、配管線には管種を、殻構造面には板厚を属性データとすれば、十全なモデル化ができるからである。

 

034-2.gif

図2.1.24 NC曲面切削

 

面を張る方式のパソコン・フェアリングシステムは、いくつか既に実用されているが、使われ方が、設計は線×現図は面とか、設計は面×現図は線…のように、木と竹を接ぐ場合に不具合があるように聞く。そもそもの機能内容に、又は運用操作に問題があるのか…実情は詳らかではない。再現に使うバッテンが異なるから当然…とも推察される。やはり線での計画図には、同じく線でのフェアリングで一貫するのが、適当ではなかろうか。

 

線/面いずれにしても、計画と現図計算とが同じ数値バッテンのシステムで行われれば解消するはずで、そうならば、設計工程を分けることなく初期段階と仕上げ段階とを連続させて[計画=現図]の運用としたい。

本件はまた末尾の章で、全体のシステム運用の所掌として触れることにする。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
171位
(35,539成果物中)

成果物アクセス数
81,038

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2023年2月4日

関連する他の成果物

1.FRP船修理標準工作法
2.アルミニウム合金母材及び溶接継手の静的強度
3.アルミニウム合金溶接継手の欠陥と強度
4.溶接変形と歪み取り対策
5.アルミニウム合金船建造における「工数低減・性能向上のための改良材料、半加工部材及び工作・接合法に関する新動向」
6.構造設計アラカルト及びコストダウン方策について 付/19GT型水産高校小型実習船の材質別比較について
7.船舶の安全性余談
8.ISO?9000による品質管理の手法
9.平成11年度通信教育造船科講座受講者募集要領
10.平成11年度通信教育造船科講座のしおり
11.平成11年度通信教育造船科講座?添削問題?
12.平成11年度通信教育造船科講座スクーリング(面接指導)の実施要領
13.平成11年度通信教育造船科講座?スクーリング試験問題?
14.通信教育造船科講座正解集(平成11年度)
15.小型船造船業の実態調査報告書(11年度版)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から