日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

造船現図指導書?数値現図?

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


ここでベクトルABは、座標系0XY/0xyいずれ上でも同じであるから、1]=2]

つまり図形をベクトルで表現すると、座標系のとり方に関係なく図形計算ができ、座標変換に便利なことが窺えよう。

また、この図を眺めて、別冊『現図展開』で説明した「実長の求め方」を思い出してほしい。[実長=ベクトル量=斜辺]で、[その座標系への投影=フレーム・スペース/落ち=直角を挟む2辺]と読めよう。この夫々の長さの間には、ピタゴラスの「三平方の定理」が成り立つ。作画による手法であれ、数値計算法であれ、取り扱い手段が変わるだけで、図形を捉える原理は共通である。

 

さて、作画ラインズでは、主船体部を表す線として、St.L、W.L、B.Lの3種の他に、平面と曲面の境界のみ、曲加工の判定とフェアリング作業の準拠線として、フラットエンドライン: Flat End Lineとか、タンジェンシーライン: Tangency Lineと称して顕在化されていた。

 

そして、船型曲面を表す線の中には、撓いバッテンで回すときも、バッテン1本で抑えては回せず、通過点の「ふれ」具合を眺め、曲線の「くせ」を読んで、[図2.1.10 バッテンの繋ぎ]に示す要領のように、バッテンの当て方を変え、繋ぎながら回してゆく曲線があるが、こちらの境界の方は、作業者の暗黙裏の経験として潜在されてきたに過ぎなかった。つまり、バッテンを繋いで描く一本の曲線では、連続して見えてはいても、単一の曲線でなく、接続を持つ複合した曲線なのである。

そこで、顕在/潜在を問わず、面や線の境界とはなにか…を考えてみよう。

 

026-1.gif

図2.1.10 バッテンの繋ぎ

 

[図2.1.11 面の境界と線の接続の変化]は、その事例として、尾側船底平面の立上がり境界: Bottom Tangencyを示している。

その境界線: タンジェンシーラインを跨ぐ横断面線: St.L、又はフレームライン: Fr.Lを矩形枠内に示すと、タンジェンシーライン位置のT,C,K,R点断面では、

T: 中央切断面では船底直線とビルジ円弧の接線: TANGENTで、そこから船尾に向かってC点までは、この傾向が続き、バッテンを船底面に接する点線のように船体内に曲げ込んで回すが、これがC点に来ると、この曲がり込みがなくなる。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
171位
(35,506成果物中)

成果物アクセス数
81,015

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2023年1月28日

関連する他の成果物

1.FRP船修理標準工作法
2.アルミニウム合金母材及び溶接継手の静的強度
3.アルミニウム合金溶接継手の欠陥と強度
4.溶接変形と歪み取り対策
5.アルミニウム合金船建造における「工数低減・性能向上のための改良材料、半加工部材及び工作・接合法に関する新動向」
6.構造設計アラカルト及びコストダウン方策について 付/19GT型水産高校小型実習船の材質別比較について
7.船舶の安全性余談
8.ISO?9000による品質管理の手法
9.平成11年度通信教育造船科講座受講者募集要領
10.平成11年度通信教育造船科講座のしおり
11.平成11年度通信教育造船科講座?添削問題?
12.平成11年度通信教育造船科講座スクーリング(面接指導)の実施要領
13.平成11年度通信教育造船科講座?スクーリング試験問題?
14.通信教育造船科講座正解集(平成11年度)
15.小型船造船業の実態調査報告書(11年度版)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から