日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

「危険物の安全運送に関する講習会」テキスト

 事業名 危険物の危険性評価に関する講習
 団体名 日本海事検定協会 注目度注目度5


1.2 判定基準

123-1.gif

(注) pHが2.0 以下又は11.5以上のものは、試験を行わずに「腐しょく性物質」に該当するものと判断して差し支えない。

 

2 金属腐しょく性試験

2.1 試験法

鋼製又はアルミニウム製の試験片を液体の試験物品に浸漬(55℃、120時間)させ、浸漬後の質量減少量を測定する。

質量減少量から次の式で侵食度を算出する。

 

123-2.gif

 

X : 試験片の侵食度をミリメートル毎年として表した数値

W : 試験片の質量減少量をグラムで表した数値

d : 試験片の材料の密度をグラム毎立方センチメートルで表した数値

S : 試験片の浸漬面積を平方センチメートルで表した数値

T : 試験片の浸漬日数を表した数値

2.2 判定基準

侵食度が1年当たり6.25ミリメートルを超えるものを容器等級3とする。

(注)皮膚腐しょく性試験で「腐しょく性物質」となるものは、試験を省略して差し支えない。

 

〔IV〕 別表第4 毒物

1 急性毒性試験

1.1 経口毒性試験

ラットを用い、経口投与によりLD50(半数致死量、試験動物が50%の確率で死亡する量を、試験動物の体重1kg当りのmgで表した数値)を求める。

1.2 経皮毒性試験

ラットを用い、経皮投与によりLD50を求める。

1.3 吸入毒性試験

ラットを用い、経気道投与(1時間)によりLC50(半数致死濃度、試験動物が50%の確率で死亡する濃度を、試験物品が、粉じん又は煙霧の場合は1l当りのmg、蒸気(気体を含む)の場合は1m3当りのmlで表した数値)を求める。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
6位
(32,630成果物中)

成果物アクセス数
808,971

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年10月17日

関連する他の成果物

1.「危険物の海上運送に関する調査研究」報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から