日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

環境事業将来ビジョンに係わる調査報告書

 事業名 運輸交通における地球環境問題に関する調査研究
 団体名 交通エコロジー・モビリティ財団 注目度注目度5


調査の目的と方法

 

(1) 調査の目的

 

運輸交通と環境は、地球温暖化に係わる二酸化炭素排出のみでなく、オゾン層破壊、酸性雨、大気汚染、海洋汚染等、幅広い分野で係わりがある。

当財団においても、運輸交通に係わる環境事業は柱の1つであり、平成9年以来取り組みが行われている。今後は、当財団の社会的使命をふまえながら、運輸交通に係わる環境問題に一層積極的に取り組む。

本調査は、そのために運輸交通と環境問題の係わりをとらえ、当財団の経営資源や求められる役割をふまえた環境事業将来ビジョンを構築することを目的としている。

 

(2) 検討の方法

 

当財団としての環境事業を整理し方向性を検討するにあたり、以下のようなメンバーからなる委員会を開催した。

 

委員長:

太田 勝敏 (東京大学大学院工学系研究科教授、都市工学)

委員:

家田 仁 (東京大学大学院工学系研究科教授、社会基盤工学)

鎌田 実 (東京大学大学院工学系研究科助教授、産業機械工学)

黒坂 三和子 (世界資源研究所上席研究員)

竹内 健蔵 (東京女子大学文理学部助教授)

新田 尚 (東海大学教養学部教授)

福本 秀爾 (運輸省運輸政策局環境・海洋課長)

事務局:(交通エコロジー・モビリティ財団、氏名の()内は前任者)

金丸 純一 (理事長)

(奥西 勝)

野邑 紘和 (常務理事)

人見 真一 (業務第二部長)

(池田 伸之)

加藤 信次 (業務第二部審議役)

市丸 新平 (業務第二部担当課長)

吉井 一郎 (業務第二部企画担当課長)

調査協力:

内海 和夫 (三菱総合研究所 産業技術戦略部長)

冨田 稔 (三菱総合研究所 産業技術戦略部主任研究員)

 

以上のメンバーにより、平成11年3月31日の準備会を皮切りに、平成11年度に6回の委員会を開催した。前半は、平成12年度予算へ反映すべく比較的短期的な観点からの取り組みについて検討し、後半は将来事業の方向性に関する検討を行った。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,459位
(35,367成果物中)

成果物アクセス数
7,449

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年12月3日

関連する他の成果物

1.新海上交通システムの調査研究報告書
2.エコ交通に関する調査研究報告書
3.短時間のアイドリングストップの有効性実測報告書
4.一般商船による北太平洋の温室効果ガスの観測報告書(2)
5.鉄道車両内への自転車持ち込みに関するモデル事業調査報告書
6.先進的な環境対策活動モデル事業報告書
7.「エコドライブのすすめ」リーフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から