日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

大都市行政制度に関する調査研究報告書

 事業名 地方自治情報啓発研究
 団体名 自治総合センター 注目度注目度5


そこで、神戸市では、使用不能となった北校舎を撤去するとともに、同小学校の跡地で、利用可能な東校舎やグラウンドなどの暫定活用を検討するため、地元・業界団体などのメンバーで構成する懇話会を設置することにした。

 

(2) 「北野小学校暫定活用検討懇話会」の設置

 

「北野小学校暫定活用検討懇話会」(以下「懇話会」)は、平成9年4月に、地元団体・業界団体などで組織され、計3回開催された。

 

【懇話会の概要】

・構成団体

《座 長》吉田順一(神戸大学経営学部教授)

《団 体》北野小学校の跡地を考える会、トアロード地区まちづくり協議会、北野・山本地区をまもり、そだてる会、(財)神戸ファッション協会、神戸商工会議所

《事務局》神戸市

・開催実績 平成9年4月15日、5月27日、6月20日

 

この3回の懇話会での議論を通し、北野小学校の暫定活用を考える上で必要なポイントとして、以下の意見が出された。

 

1] グラウンドは観光バスの駐車場として活用

2] プール上部を活かした地域コミュニティーのスペース確保

3] 多目的ホールは地域のコミュニティホールとして活用

4] ギャラリーは、地元の北野・トアロード地域全体の歴史・資料コーナーなどに活用するための部屋として位置づけ

5] プール上部を活かした地域コミニュティーのスペース(市民広場)や、東校舎の多目的ホール、ギャラリーなどの利用については、今後、神戸市が地元の方々と協議

6] 工房はレベルの高いテナントを入居させ、そのためのハードル(条件)は高くするべき

地元の利用というよりクオリティで入居者をセレクトするスペースである

レベルの高い工房とすれば、客筋のよいお客さんを呼び込むことができ、長い目で見て地元の利益となり、震災復興にもつながる

7] 観光バス利用客と本来の工房の利用客は、マーケティング的に顧客のカテゴリーが異なるため、戦略的な動線区分が必要

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,030位
(35,139成果物中)

成果物アクセス数
10,913

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年9月24日

関連する他の成果物

1.ふるさと環境シンポジウム報告書「豊かな環境づくり大阪府民の集い」
2.ふるさとみやざき環境シンポジウム報告書「森からの贈り物」
3.地方分権推進フォーラム’98 in“とっとり”
4.地方分権推進フォーラム 徳島in’98
5.自治だより No.125
6.自治だより No.127
7.自治だより No.128
8.自治だより No.129
9.自治だより No.130
10.地方自治アニメーションビデオシリーズNo.6「がんばれ地方行革」
11.The Local Administrative System in Japan
12.中央政府の査定・評価報告書
13.分権型社会に対応した地方税制のあり方に関する調査研究報告書
14.自治だより No.126
15.歴史的遺産・伝統文化(伝説・神話等)の活用による地域おこし懇談会報告書
16.「地方自治情報啓発研究」の報告書
17.ホールにおける市民参加型事業に関する調査研究
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から