日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

大都市行政制度に関する調査研究報告書

 事業名 地方自治情報啓発研究
 団体名 自治総合センター 注目度注目度5


X 既存の都市インフラの新たな活用方策

 

神戸市震災復興本部総括局復興推進部企画課長

横山 公一

 

1 はじめに

 

神戸は、海と山という自然に恵まれ、港を通じて開放的で豊かな市民文化を育み、国際都市として発展してきた。しかし、平成7年の阪神・淡路大震災により、多くの市民の尊い生命が奪われ、都市基盤も甚大な被害を受けた。
本市では、震災以降、各方面のご支援をいただきながら、復旧から復興へと全力をあげて取り組んでいる。

復興にあたっては、単に震災前の姿に戻すにとどまることなく、震災の経験や教訓を生かし、より安全で快適な、にぎわいと魅力あふれるまちをめざし、「アーバンリゾート都市づくり」に資する復興を進めている。

特に、既成市街地では、震災により破壊された地域資源や景観を修復するだけでなく、都心立地にふさわしい高付加価値化を図り、地域の特性を生かした都市魅力の創造に努めるとともに、既存の魅力資源を発掘し、連携させることによって、回遊性を高め、相乗効果を図り、都市全体としての魅力を一層高めていく。

また、その整備にあたっては、地域住民の主体的な参加を支援し、適正な役割分担のもと、市民・事業者・市が協力し合い、一体となって進めていくとともに、社会経済情勢の変化に対応し、柔軟で多様な整備方策の展開、魅力の維持向上を支える仕組みの確立を図っていく。

さらに、その神戸の魅力を、全国・全世界に向けて常に発信していく。

こうしたアーバンリゾート都市づくりの推進の中で、既存の都市インフラを転活用した代表的な事例として、平成!0年7月にオープンした「北野工房のまち」を以下に紹介する。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,016位
(34,017成果物中)

成果物アクセス数
10,676

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年1月22日

関連する他の成果物

1.ふるさと環境シンポジウム報告書「豊かな環境づくり大阪府民の集い」
2.ふるさとみやざき環境シンポジウム報告書「森からの贈り物」
3.地方分権推進フォーラム’98 in“とっとり”
4.地方分権推進フォーラム 徳島in’98
5.自治だより No.125
6.自治だより No.127
7.自治だより No.128
8.自治だより No.129
9.自治だより No.130
10.地方自治アニメーションビデオシリーズNo.6「がんばれ地方行革」
11.The Local Administrative System in Japan
12.中央政府の査定・評価報告書
13.分権型社会に対応した地方税制のあり方に関する調査研究報告書
14.自治だより No.126
15.歴史的遺産・伝統文化(伝説・神話等)の活用による地域おこし懇談会報告書
16.「地方自治情報啓発研究」の報告書
17.ホールにおける市民参加型事業に関する調査研究
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から