日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

過疎地域活性化のための交流施策のあり方に関する調査研究

 事業名 過疎地域振興対策
 団体名 過疎地域問題調査会 注目度注目度5


事例48 鹿児島県・霧島町(人口5,976人 面積82.54km2)

〜永水小学校山村留学の取り組み〜

 

1. 交流事業の契機

霧島町は、昭和9年に日本で初めて国立公園の指定を受けた霧島国立公園の南麓に位置し、観光と農業を基幹産業とする人口6千人の町である。中でも永水地域は、町の南に位置する山間地で、兼業農家を中心とした約250世帯、人口約680人の地域である。

永水地域のコミュニティの中心である永水小学校が、平成4年に創立100周年を迎えることになったのが、この山村留学を始めるそもそものきっかけとなった。当時の永水小学校は複式学級であったが、100周年の記念すべき年に、さらに学級数が減少し、4学級になるという危機感から、何とかして子供の数を増やし、地域活性化を図る方法はないものかと思案した結果、山村留学に取り組むことになり、当時のPTA役員を中心に平成3年に準備委員会を設置し、同年9月に実施委員会を発足させ、平成4年度に5人の留学生を迎え、具体的な活動を展開した。

 

2. 交流事業の経過・概要

平成4年度の開始以来、今年度までに全国から61人の留学生を受け入れてきた。

永水の山村留学は、里親宅に住みながら通学する「里親方式」と、祖父・祖母宅から孫が通学する「孫もどし方式」、親子で永水に住みながら通学する「親子留学方式」の3つの方法により1年間の留学を実施している。

運営については、地域公民館長やPTA会員、有識者、教職員、行政関係者など40名を超える人数で役員会を組織し、留学生の募集、面接、夏季の短期山村留学や冬季の歩こう会などの各種イベントの実施、月1回の里親会の実施、広報や視察対応など、すべて住民主導で実施している。

 

328-1.gif

元気一杯の山村留学生たち

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
774位
(33,747成果物中)

成果物アクセス数
14,079

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年9月11日

関連する他の成果物

1.「過疎地域振興対策」の報告書
2.EPIC連続セミナー開催案内チラシ(埼玉会場)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から