日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

過疎地域活性化のための交流施策のあり方に関する調査研究

 事業名 過疎地域振興対策
 団体名 過疎地域問題調査会 注目度注目度5


事例45 鹿児島県・頴娃町(人口15,621人 面積110.17km2)

〜ふるさと「えい」交流会 ふるさと便〜

 

1. 交流事業の契機

頴娃町は、鹿児島県薩摩半島の南端に位置し、地形が平坦で耕地面積も広く、温暖な気候とあいまって、農業生産においては県下屈指の食料生産地域として知られ、畑地灌漑施設の高度利用による営農の確立により、茶やさつまいも、大根などを中心とする農業振興に努めながら、地域の産物を活かした特産品の開発や地場産業の育成を図ってきた。

このような地域特性を活かし、ふるさと「えい」交流会では、頴娃町を遠く離れ異郷の地で生活している町出身者に、ふるさとの野、山、海で収穫された農産物、海産物及び手作りの加工品を提供する「ふるさと便」を、都会に住む町出身者やその家族・知人とふるさととの交流に資すべく実施している。

 

2. 交流事業の経過・概要

昭和61年、役場経済課(現在は農林水産課農村振興係)内に“ふるさと「えい」交流会”を設置。同年12月に第1回目の「えいふるさと便」が発送され、受け取った町出身者からは、おふくろの味・ふるさとの味が思い出されたと好評を博した。

以来、毎年8月と12月の年2回、季節感あふれる“えいの味”を宅配便により送り届けている。

なお、このふるさと便に係る経費は、すべて交流会員の会費でまかなわれている。

 

322-1.gif

「ふるさと便」の箱詰め作業の様子

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
774位
(33,747成果物中)

成果物アクセス数
14,079

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年9月11日

関連する他の成果物

1.「過疎地域振興対策」の報告書
2.EPIC連続セミナー開催案内チラシ(埼玉会場)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から