日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

過疎地域活性化のための交流施策のあり方に関する調査研究

 事業名 過疎地域振興対策
 団体名 過疎地域問題調査会 注目度注目度5


3. 交流事業の効果

職員相互派遣研修においては、当初北海道と長崎との交流でスタートし、平成6年からは木曽福島町も加わり、平成7年から、トライアングル方式で各町3カ年に一度受け入れ、受け入れがない2カ年は派遣という形で交流を行っている。研修内容は派遣職員がいずれかの課に配属され、その課を中心に各課の職務内容等を研修し、その地域の産業・文化・環境等を学び、また各種団体との交流及びイベントに参加して情報交換や親睦を図るというもので、体験者は帰町後、その豊富な経験をもとに、仕事のみならず、多方面において活躍している者もいる。

また、文化の交流として、平成7年10月に北海道福島町で開催された「カントリーフェスティバル」に長崎福島町より玄藩太鼓のメンバーが参加した際、太鼓の交流会で知り合った横綱太鼓のメンバーと、めでたく第1号のカップル誕生となり、まさに人・文化の交流が実践された。

 

313-1.gif

長崎県福島町にて

三福島町生徒学習交流(歓迎式・民宿受入式)

 

4. 交流事業の問題点と今後の展望

交流事業が始まって9年が経過し、現在ではマンネリ化の傾向にあり、今後はさらなる交流の場を広げるため、三町共同による電源(電力供給)地域としての(偶然にも三町は電力供給地域)電気のふるさと自慢市への出展・PR等、今まで以上の情報交換、民間レベルでの交流の促進等を進めていかなければならない時期に差し掛かっている。

長崎福島町においては、人口の減少や高齢化の進行が著しいため、歯止めをかけるべく国家LPガス備蓄基地誘致、グリーンツーリズムの推進等を行っているが、この交流事業において、益々町の活性化ができるよう末永い交流が不可欠だと考えている。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
776位
(33,670成果物中)

成果物アクセス数
13,957

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年7月24日

関連する他の成果物

1.「過疎地域振興対策」の報告書
2.EPIC連続セミナー開催案内チラシ(埼玉会場)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から